1. ホーム>
  2. ピーター・ヨネナガの今日のメッセージ For ILES
ピーター・ヨネナガの今日のメッセージ For ILES

 

2020年9月後半のメッセージ

今、理解力が欠落している人や、考えることを止めてしまった人、感性が錆付いてしまった日本人相手に、どのように複雑な構造を分かりやすく丁寧に解説しながら辛抱強く伝えていくのかが課題となっています。「二元論の罠」から出ることができない極端に視野が狭い臆病者たちから見れば、私はいつまでも謎の人物でしょう。

また、知識は最優先ではなく、特に間違った知識はノイズとなって思考の邪魔をすることがあります。そこからさらに精神的に成長するには、日本人が失ってしまった「高い霊性」を取り戻すことが必要となります。

つまり、これから起こることを予測するためには偏った思考を持つ人間では無理があるということです。広い視野や芸術的な発想力も必要で、マスメディアの「言葉遊び」によって、迷路の中を彷徨うだけになります。

『今日のメッセージ』を読み、考え、行動しなければ、自然淘汰の時代に呑み込まれていくことは確実になったことをお伝えしなければならなくなりました。是非、日々の参考にしていただければ幸いです。

アトラス株式会社CEO ピーター・ヨネナガ

「今日のメッセージ」を初めて読む方は、こちらもお読みください。
   はじめてコラムを読むあなたへ ピーター・ヨネナガからのメッセージ >>>

 

今、日本で起きている本当のこと

2020/9/25 14:00

スガノミクスの構造改革はミクロ重視、マクロ経済への波及が焦点に
2020年9月16日 Bloombergのリンク画像です。

(出典:2020年9月16日 Bloomberg)

要するに、日銀の量的金融緩和を推し進め、日本企業を外国企業に叩き売ることが国際金融資本が菅首相に与えた使命ということです。

菅政権は、アメリカ(CSIS)の言うことは何でも聞きながら、その隙に国民の税金を中抜きするという手法は、安倍=祖父の岸信介=中曽根政権の時から始まっています。

対米従属、中抜き泥棒、何も説明し内閣など、様々な名称で揶揄されていますが、結局、売国することで日本を衰退させる結果が出せれば何でもいいということです。だから、少子化問題を何とかする努力はせず、国内の優秀な人材を発掘することも一切しないわけです。

日本の首相の役割は、どうにかして国民を縛り付けて属国の立場を維持することです。これまでは、軍事力(暴力)の強さの順番が地球の権力の構造でした。日本の独立には、アメリカの衰退と中国の分裂が必要です。

今、日本で起きている本当のこと

2020/9/24 20:00

時間とは何か 第一話
SEIKOミュージアム銀座のリンク画像です。

(出典:SEIKOミュージアム銀座)

聖書や日月神事、コーラン、仏陀の言葉などを読んでみても、結局、ほとんど同じことを言っているのが分かります。

例えば、私たち人類が輪廻転生や自発的生誕を信じると、根源的な自由を持っていることに気づくかもしれません。ところが、それによって困るのが世界の支配層であるわけです。具体的に言えば、イギリス王室エリザベス女王の背後にいる組織です。

能力が足りないイギリス王室に、そこまでの知恵があるとは思えないことから、背後から指示する人間が存在しているということです。時間と空間を自由に移動できないと信じさせる迷信で私たちを縛り、カネがないと生きていけないように信じさせています。

最近、当たり前のことを遠慮なしにブログやSNSに書いたり、動画にする人々が増えています。つまり、自由であることを悟られてしまった時点で、大衆からカネを奪えなくなって困るのは支配層であるということです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/9/24 14:00

自称「非・負け組」50代を襲う下流老人の恐怖
2016年7月26日 日経ビジネスのリンク画像です。

(出典:2016年7月26日 日経ビジネス)

今の50代以上というのは、学校教育からバブル期での企業研修によって思考そのものが明らかに「物欲主義」になっているように思います。

だから、面と向かって話したり、メールをしているだけで運気の悪さが流れてくるのが分かります。一方、利権構造で裕福になった以外の富裕層の多くは、このメッセージを毎日のように読んでいるわけです。さらに、これからも豊かな生活を送ることができるということです。

今、首都圏から地方に移住すると決意し、本当に実行する人は社会構造の中では経済的余裕があり、知能も高いと思います。つまり、首都圏に残されている人間は「地」に縛られているということです。

今後、家族であっても情報リテラシーによっては離れ離れになる必要が出てくると思われます。日本の50代以上は、思想や信念がなく、彷徨い続けている印象があります。彼らは、決して頼りにならないというのが正直な感想です。

今、日本で起きている本当のこと

2020/9/23 20:00

「なぜ黒人は差別されてるの?」子供の質問にどう答えたら…。大坂なおみ選手のメッセージ、私たちは受け止められるか。
2020年9月19日 Yahooニュースのリンク画像です。

(出典:2020年9月19日 Yahooニュース)

全米オープンテニスで2年ぶり2回目の優勝を果たした大坂ナオミ選手は、思想的にはアメリカの黒人であるように思います。

22歳ということで、今後も勝ち続けて女王の座に長く君臨するものと思われます。しかし、母親が日本人で、さらに日本国籍を選んだといっても、大坂選手がアメリカの黒人であることには変わりありません。

思想的には日本人ではないことから、自分から教会に行くことはあっても神社には参拝しないということです。大坂選手のテニスを観察してみると、フィギュアスケートの浅田真央選手や羽生結弦選手のような日本人的な祈りを感じません。

結局、アメリカ流の相手を倒すという闘争が原動力となっています。それが悪いというのではなく、日本人と一言で言っても様々であるということです。一方、レーシングドライバーの佐藤琢磨選手も、先日、インディー500で2度目の優勝を果たしました。

私もそうでしたが、アメリカで仕事をしていると白人から様々な意地悪をされるわけです。アメリカの人種差別は厳しく、メジャーリーガーの野茂選手やイチロー選手も気にしていたと言われています。

ただし、大谷選手は新世代の人なので最初から気にしていません。これから新しい日本人が新しい時代をつくっていくということです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/9/23 14:00

世界報道自由度ランキング
Wikipediaのリンク画像です。

(出典:Wikipedia)

「国境なき記者団」が年1回発表している2002年〜2020年のデータを見ても、日本はちょうど安倍政権誕生の2013年から順位が下がり、世界からは今年2020年まで「報道の自由が低い」国と断定されています。

平井卓也内閣府担当相は暴力団系企業から献金 身内企業に政治資金を還流も
2018年11月5日 AERA.dotのリンク画像です。

(出典:2018年11月5日 AERA.dot)

この不正選挙が有権者から疑われるようになった世論誘導をやってきたのが、菅政権で「デジタル改革大臣」に選ばれたのが安倍政権時の内閣府担当相(科学技術・IT・クールジャパン担当)であり、長らく自民党のIT政策担当をやっていた平井卓也です。

反社会勢力ってどんな人? 桜を見る会出席か、野党追及
2019年11月27日 朝日新聞のリンク画像で
す。

(出典:2019年11月27日 朝日新聞)

要するに、自民党という組織は「背中に入れ墨をした反社会勢力」と全く同じ構造であるということです。そんな政党にこれまで票を入れてきた有権者は、これから本格的に痛い目に遭うことになりそうです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/9/19 20:00

「マスクをしない自由」を求める米国人から考えさせられること
2020年8月25日 日経ビジネスのリンク画像です。

(出典:2020年8月25日 日経ビジネス)

アメリカ人やドイツ人は、マスメディアの嘘に気づいたことで公開情報を鵜呑みにしなくなり、ひとり一人が声を上げ始めています。

ところが、日本人は未だに大多数がメディアの報道そのままにマスクを着用し、危険なワクチンを待ち望む情けない姿を晒しているだけです。日本人は、一致団結した時には無類の強さを発揮しますが、一歩間違えれば集団自殺しかねない気質があります。

「あなただけが皆と違う」「あなたは皆から浮いている」「あなたは変わっている」などと、言われることで大多数の日本人は思考を停止してしまいます。実は、この理屈こそ日本人を金縛りにしている呪文であるということです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/9/19 14:00

自民党がネット選挙の専任チームを発足、口コミ動向は候補者に毎日レポート
2013年6月19日 日経クロストレンドのリンク画像です。

(出典:2013年6月19日 日経クロストレンド)

菅政権の一員として抜擢された「平井卓也・デジタル革命大臣」は、TwitterやYoutube、そしてネット掲示板上でbotと呼ばれるロボットのアカウントを大量に自動生成してきました。

そして、自民党候補者に都合の良いリツイートを繰り返し拡散したり、自民党候補者に不利になるようなツイートを自動で監視・抽出して攻撃することで、自民党が選挙に有利な状況をつくってきたわけです。

ところが、ロボットによるツイートであることは誰もが知っていましたが、Twitter初心者や右翼的な思想を持つ日本人は量が多いので人間が書いていると錯覚したということです。

特に、YouTubeなどの動画で自民党の不正や閣僚の犯罪について暴露する動画がアップされた時、一瞬でたくさんの新しい動画が現れ、反対意見で視聴者を混乱させたり、アップしたYouTuberを攻撃するプログラムも組んでいました。

その新しい動画アカウントには、動画が1本もエントリーされていないことでbotであることが明らかになったということです。このように、自民党は2012年頃から国民の口封じをしてきたことになります。

今、日本で起きている本当のこと

2020/9/18 20:00

破綻まで4年?年金カット額に全国民唖然…日本崩壊のシナリオ
2020年8月22日 Yahooニュースのリンク画像です。

(出典:2020年8月22日 Yahooニュース)

欧米日など先進国の中央銀行だけではなく、世界中の中央銀行が無制限に不換紙幣(金と交換できない)を大量に印刷し、市場は官製市場化して自由市場のメカニズムが完全に機能しなくなっています。

年金を当てにしていた60代以上は、年金が大幅に目減りすることが確定した今、年金で老後を乗り切ることはできないことを理解し始めています。問題は、予測を外す自称・経済評論家たちの言うことが無責任であることです。

テレビや新聞、雑誌などに寄稿している自称・評論家たちというのは、実際に多くの従業員を雇い、資金繰りに苦慮し、失敗すれば無限責任を追及されることがない、何の経験もしてこなかった詐欺師です。

彼らの議論が一貫していない理由は、経済の仕組みや通貨の本質を全く知らないからです。土台から間違った議論を展開しているため、いつも軌道修正する羽目になり一貫性を欠くようになってしまっています。

今、日本で起きている本当のこと

2020/9/18 14:00

コロナ渦で懸念される複合災害 急がれる中小企業の感染症対策
2020年9月10日 Yahooニュースのリンク画像です。

(出典:2020年9月10日 Yahooニュース)

これから起こることは、世界のどこかでテロ爆破事件や大地震、株価の大暴落、食糧危機、そしてウイルス感染症が発生すると、それが日本を含む世界中が影響を受けるということです。

事件や事故などは、決して独立して起こるのではなく、これらが複合的に絡み合いながら大災害に発展していきます。例えば、菅政権が「やっているフリ」で復旧・復興事業に取り組んでいる中で、急に災害が次々と起こるようになります。

コロナの感染拡大のように、第二波、第三波と何度も繰り返して襲ってくるので、最終的には政府や国民は復旧・復興を諦め、灰になるまで状況を見ているだけか、あるいは地方に引っ越す動きが出てきます。

しかし、それまで何も準備していなかった人から、早々と淘汰されていきます。だから、都合のいいことだけを言っているテレビや新聞、ユーチューブの自称・専門家の話を聞いている時間などないということです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/9/17 20:00

不正受給を促す悪徳セミナーやマスクの高額転売…新型コロナで笑う“詐欺師たち”の正体
2020年9月14日 ダ・ヴィンチニュースのリンク画像です。

(出典:2020年9月14日 ダ・ヴィンチニュース)

これまでマスメディアの演出によって、「才能がある…」「本物だ…」などと祭り上げられてきた芸能人や学者がいますが、果たして本物なのかどうか、今一度考える必要があると思います。

なぜかと言えば、全て政府のプロパガンダとして利用されるような時代に、本物がテレビや新聞、ネットなどに顔を出してくることはないからです。いまだに「先生」と呼ばれている人間にも、注意する必要があります。

高額なセミナーに通っている人は、そろそろ騙されていることに気がつくと思います。しかし、怒ったところで無駄です。なぜかと言えば、騙すほうも騙されるほうも何かに取り憑かれた「類は友を呼ぶ」仲間だからです。

特に、尊敬してもいない相手を「先生」と読んでいる人間は、精神的に自分で立つことを怠けて相手に自分の希望を託し、その見返りを求めていることは明らかです。また、自分が「先生」と呼ばれることを求めたり容認している人間は、人々の精神的な発達を阻害していることに気づいていないようです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/9/17 14:00

「デジタル庁」で番号カード普及 電子行政を一元化―菅官房長官
2020年9月12日 時事通信のリンク画像です。

(出典:2020年9月12日 時事通信)

本当に「今、起きている本当のこと」を知りたいのであれば、テレビや新聞、雑誌を一切見ないことです。インターネットでさえ、全ての情報を鵜呑みにすることを避けるべきです。

ほとんどの日本人は、テレビや新聞に出たがる自称・専門家たちの嘘によって騙され、方向感を見失うようになると思います。与野党の政治家や官僚、科学者たちなどの中に、間違った情報を流して騙そうとしている悪人が目立ち始めています。

彼らの多くが国際金融資本の手下として、日本全体を破滅に導こうとしているわけです。情報には細心の注意を払い、簡単にアクセスできる専門家など頼ってはなりません。なぜかと言えば、そのような確かなものは表の世界には存在していないからです。最初から自分の心の中にだけ存在しています。

今、日本で起きている本当のこと

2020/9/16 20:00

三菱地所 東京駅至近に「日本一の高さ」の複合商業ビルを建設
2020年1月31日 日経クロストレンドのリンク画像です。

(出典:2020年1月31日 日経クロストレンド)

トヨタやホンダ、富士通などの優良上場企業が相次いで、本社機能の地方と在宅移転を推進していますが、今後、東京都心にオフィスを構える企業は相当減少するものと思われます。

結局、三菱地所などの「丸の内再開発計画」は総崩れとなりそうです。そして、ビル賃貸事業に投資していたメガバンクや地銀、投資家などは資産のほとんどを失うことになります。せっかくの高層ビルも、二束三文で欧米の国際金融資本に買い叩かれることになるということです。

農林中金:CLO評価損は4000億円超、新規投資は引き続き抑制へ
2020年5月27日 Bloombergのリンク画像です。

(出典:2020年5月27日 Bloomberg)

これからCSIS(戦略国際問題研究所)を中心に徹底的に日本経済を悪化させ、株価や不動産価格が最安値になったところで外国企業に買い叩かれることになります。これこそ、ディープステートに管理された自民党の役割です。なぜかと言えば、菅義偉の背後には竹中平蔵がいるからです。

竹中に背中を押されている菅義偉は、今後もアベノミクスを継続して無制限の「量的金融緩和」を行っていくということです。東京や首都圏は、1929年や2008年のバブル崩壊後のニューヨークのような光景が広がっていくはずです。

もし二束三文となった土地とビルを買い叩くのが中国資本であれば、近づくこともできなくなります。日本の不動産が、ここまで短期間で沈没するとは誰も想像できなかったと思います。まずは、地方都市への避難で新たに人生をやり直し、コツコツ生きていくしか選択肢がないということです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/9/16 14:00

東京の中心から淡路島へパソナ本社勤務1200人の大移動ネットでは不安の声も「実質的なリストラ?」
2020年9月2日 Yahooニュースのリンク画像です。

(出典:2020年9月2日 Yahooニュース)

20年前の小泉政権の経済担当大臣で、現在、人材派遣会社パソナ会長の竹中平蔵氏は、ディープステートの下僕であることからトランプ大統領とは敵対する関係にあります。その竹中会長のパソナが、本社を東京から淡路島へ移転するというわけです。

淡路島は兵庫県ですが、対岸にある徳島県と比較すると財政的な差は歴然としています。淡路島は道路などインフラ施設が整備されています。一方、徳島県は車でどこまで走っても道路が舗装されていない場所が見受けられています。

日本の歴史では、全ては淡路島から始まったと言われているほどです。しかし、人材派遣などという女衒のような下品なビジネスモデルがいつまでできるのかは疑問です。また、災害対策として人口を増やすことは問題です。そんなことなど、考えたこともないのが県庁や市町村であるわけです。