1. ホーム>
  2. ピーター・ヨネナガの今日のメッセージ For ILES
ピーター・ヨネナガの今日のメッセージ For ILES

 

「今日のメッセージ」を初めて読む方は、こちらもお読みください。
   はじめてコラムを読むあなたへ ピーター・ヨネナガからのメッセージ >>>

 

今、日本で起きている本当のこと

2021/6/19 20:00

試される大地、クマや全裸男、本日の札幌がひどすぎると話題に
2021年6月18日 秒刊SUNDAYのリンク画像です。

(出典:2021年6月18日 秒刊SUNDAY)

昨日6月18日(6666)、札幌市白石区では刃物を持った男が目撃され、東区に突然現れた熊とは別の意味で興味深い現象が起きています。幸い、近くにいた警察官が身柄を確保したと報道されています。

札幌中心部に“ミツバチ大群”出現…「蜂球」とは?
2021年6月18日 Yahooニュースのリンク画像です。

(出典:2021年6月18日 Yahooニュース)

札幌市中央区南1条西5丁目(東京オリンピックのマラソン会場となる大通公園近く)では、大量の「蜂」が電柱に止まっているのが発見され、一時周辺で騒然となりました。近くで蜂を飼育しているNPO法人などが回収作業にあたったようです。

この法人の養蜂場から蜂が逃げ出した形跡はなく、他に屋上などで飼育されていた蜂の可能性が高いということですが、明らかにG7で東京オリンピックを開催する声明が出されたことで、何らかの「事象」が起きているのは間違いないと思います。

今、日本で起きている本当のこと

2021/6/19 14:00

速報 札幌の市街地に出没のクマ、丘珠空港近くでハンターがライフルで駆除
2021年6月18日 Yahooニュースのリンク画像です。

(出典:2021年6月18日 Yahooニュース)

昨日6月18日は、東京オリンピック前の奇妙な事件・事故が北海道札幌市内で続出していました。札幌は、大会一番の目玉「マラソン」が行われますが、何らかの影響が及ぶ可能性があります。

「爆発音が聞こえた」4月26日夜札幌市を中心に通報・SNS書き込み相次ぐ…原因は不明
2021年4月27日 北海道ニュースUHBのリンク画像です。

(出典:2021年4月27日 北海道ニュースUHB)

4月26日、札幌市を中心に大きな爆発音が聞こえたと話題になっていました。何か大きなことが起きる前というのは、事故や事件などの「事象」が頻発する傾向があります。熊がハンターに射殺された時間は、6月18日(6666)午前11時11分という、あり得ない確率で「6」と「11」が並ぶという事象が起きています。

周囲に山がない札幌市東区に現れた熊は、川を渡ってきたとされていますが、誰かが放した可能性もあります。このことを不思議と思わないのが現代日本人であり、マスメディアによっていつの間にか「予測プログラミング」を刷り込まれているわけです。

今、日本で起きている本当のこと

2021/6/18 20:00

日本人の祖先はヘブライ人?日本人はユダヤの失われた十支族の末裔であるとする「日ユ同祖論」
2020年5月16日 exciteニュースのリンク画像です。

(出典:2020年5月16日 exciteニュース)

中国大陸の歴史を振り返ってみると、王朝が滅亡するたびに粛正を逃れた大勢の人々が朝鮮半島を通って、日本に逃れてきたことは明らかです。

秦(畑)や呉、越などの歴代王朝の由来を持つ地名や人名が日本には多くあります。ところが、私たち日本人の多くは1500年以上前の自分の祖先のことを全く知りません。おそらく、今の中国大陸や中東、東南アジアなどから大勢の移民が日本に来ていたのは明らかです。

日本のスポーツで「ハーフ選手」が急増する理由
2019年12月14日 東洋経済ONLINEのリンク画像です。

(出典:2019年12月14日 東洋経済ONLINE)

今、あらゆるスポーツの日本代表選手が見た目にも外国人とのハーフやクォーターであり、1500年前と同じことが起こっています。移民2世ある彼らのほとんどは日本語しか話せなくなり、若い時は日本語を話せない親を下に見る傾向があります。

そして、3世、4世になると完全に日本化し、英語が話せないので海外に行く必要がなくなります。これが日本の強みであり、日本語の力であるということです。その日本語を、最も理解しているのが皇室であるわけです。

今、日本で起きている本当のこと

2021/6/18 14:00

学校は心理的安全な職場になっているか?
2021年6月4日 Yahooニュースのリンク画像です。

(出典:2021年6月4日 Yahooニュース)

小中高や大学の先生は生徒たちに学問を教えていますが、文科省や教育委員会の指示通りに教えないと職を失うことがあります。

私たちAtlasマンツーマン英会話も、政府や自治体の言うとおりに運営しないとテレビや新聞に取材されなくなり、世の中から忘れ去れてしまう危険性を常に感じています。政治や経済などの情報をマスメディアからしか得ようとしないため、その裏を読み解く行為が無視されているわけです。

なぜサラリーマンの多くが上から言われた通りに「服従」しているのかと言えば、毎月カネがもらえるからです。つまり、長い物には巻かれなければ、社会から追い出されてしまうことになりかねないということです。

今、日本で起きている本当のこと

2021/6/17 20:00

秋篠宮ご夫妻、フランシスコ法王を表敬訪問
2016年5月12日 AFP BB Newsのリンク画像です。

(出典:2016年5月12日 AFP BB News)

ビジネスマン風の外国人が、日本各地の大都市で物件を探している姿が目撃されているようです。新宿・歌舞伎町の飲食店など売却物件をイギリス系ファンドが買い漁り、札幌のススキノでは中国系ファンドが高値でテナントビルを購入しています。

EU離脱後、イギリスの金融街シティ・オブ・ロンドンは東京都と提携し、東京都内に金融街を作って世界的な支配力を維持しようとしています。問題は、国民から結婚を大反対されている眞子さまの父親、つまり秋篠宮親王が2016年にバチカンのフランシスコ法王を表敬訪問したことです。

フランシスコ教皇、皇居で天皇陛下と会見
2019年11月25日 AFP BB Newsのリンク画像です。

(出典:2019年11月25日 AFP BB News)

今後、日本の皇室は東京(東宮)と京都(秋篠宮)の2つに分かれ、外国勢力に対応することになるかもしれません。特に、東京は外国人が多く住む街になりますが、このことは2000年以上も日本の歴史で繰り返してきたことです。

今、日本で起きている本当のこと

2021/6/17 14:00

6月9日ワクチン死亡および副反応報告

(出典:2021年6月10日 Youtube@JPSikaHunter)

厚労省が公表した資料ですが、動画にしてくれた人の話では「ファイザーワクチンは神経系の自己免疫疾患が多い」とのことです。

副作用については、遅発性ということで解説がわかりにくいですが、免疫を刺激すると「サイトカイン・ストーム(免疫の暴走)」が必ず起きてくるようです。例えば、「抗がん剤」として免疫を活性化させる薬剤を使う時は問題にされていません。

しかし、「ワクチン」の場合は健康体を病気にさせる可能性があるので、とりあえず接種は高齢者だけにしたほうがいいと思います。ただし、そんなことを政治家や官僚、そして著名人が話すと東京地検特捜部にマークされることになります。

今、日本で起きている本当のこと

2021/6/16 20:00

新型コロナに自ら感染? ワクチン治験が大人気
2020年3月20日 THE WALL STREET JOURNALのリンク画像です。

(出典:2020年3月20日 THE WALL STREET JOURNAL)

結局、「副反応と抗体の関係」については現段階で全く分かっていないわけです。そして、これからも誰かにカネを払い、人体実験を行っていきます。

医薬品の場合、健常者の体で最終治験を行う必要がどうしても出てきますが、その治験者と契約を結び、高額の報酬と生涯保障を付けるのが普通だそうです。なぜかと言えば、人体実験そのものだからです。

これまで自分からワクチンを求め、長い列に並んで自分の身体を無償で提供した奇妙な人間はそれでいいのかもしれませんが、そうではない人もいます。実際に、世界中でこの壮大な人体実験は実施されており、世界の終わりがいよいよ近くに迫ってきたと感じています。

今、日本で起きている本当のこと

2021/6/16 14:00

ワクチン打った人の抗体量 高齢男性、若い女性の半分 千葉大病院
2021年6月10日 Yahooニュースのリンク画像です。

(出典:2021年6月10日 Yahooニュース)

これまで厚労省や大学研究機関をはじめ、感染者数や死亡者数などの公表データは、明らかに政府が推進するワクチン接種を肯定する意図があることがわかります。

そもそも、体内で抗体が増加するのは体内に毒素が増えたからです。これまでワクチンの臨床実験では、安全性を十分確認したものが承認されていましたが、現在のファイザーやモデルナのワクチンは治験プロセスを無視し、アメリカでは正式に承認されていないのが現状です。

つまり、今回のワクチン接種で抗体が増えたことはいいことばかりではありません。人類史上初のmRNA(遺伝子組み換えワクチン)ということで、抗体を半永久的に体内生産し続けてしまう危険性があります。もし抗体に毒性がある場合、取り返しがつかなくなります。