1. ホーム>
  2. ピーター・ヨネナガの今日のメッセージ For ILES
ピーター・ヨネナガの今日のメッセージ For ILES

 

「今日のメッセージ」を初めて読む方は、こちらもお読みください。
   はじめてコラムを読むあなたへ ピーター・ヨネナガからのメッセージ >>>

 

今、日本で起きている本当のこと

2020/12/1 20:00

「地球にやさしい」バイオプラスチックは、全然やさしくなかったことが判明
2020年11月2日 GIZMODOのリンク画像です。

(出典:2020年11月2日 GIZMODO)

地球の大気にはあらゆる汚染物質が漂っており、そのほとんどが農薬など化学物質を含むあらゆる産業が排出した有毒物質がガス化したものです。

こうしたガスを吸い込むと、人間の免疫系に影響を及ぼすことで健康を損なう原因と見られています。しかし、有毒物質のガス化とその具体的な影響はまだ科学的には証明されていません。これらのガスは、植物に吸収され、植物を通して人間も汚染されるというわけです。

ガスには様々な種類がありますが、横浜や横須賀の異臭騒ぎで明らかになったように独自の臭いや色があるようです。有毒ガスを除去できるテクノロジーはすでにあると思いますが、利権構造の中で未だに製品化を許されていないように思います。

今、日本で起きている本当のこと

2020/12/1 14:00

「長官辞めたい」何度も 菅氏会見3213回
2020年9月14日 時事通信のリンク画像です。

(出典:2020年9月14日 時事通信)

安倍前首相の疑惑が注目されていますが、森友・加計学園問題、そして桜を見る会には菅首相も関わっています。

リクルート事件の時、故・中曽根首相に検察が迫った時、当時の官房長官である藤波孝生が身代わりに逮捕され、そのまま亡くなったわけです。一方の中曾根は100歳まで長生きしています。結局、あの事件とのフラクタル構造となっているのは明らかです。

また、32年前に平成の改元を発表した「平成おじさん」は当時の小渕官房長官でした。その後、首相になりましたが突然死されています。2年前、令和の改元を発表した「令和おじさん」は官房長官であった菅首相です。菅首相も小渕首相と同様、連日の激務が続いています。真面目な人間というのは、早死にする傾向があることはよく知られています。

日本がこのような状況に陥ってしまった原因は、仕事を全くしないで5時には自宅に帰っていた安倍晋三が原因であるということです。だから、菅首相は性格的にまじめに仕事し過ぎて突然死する可能性があります。