1. ホーム>
  2. ピーター・ヨネナガの今日のメッセージ For ILES
ピーター・ヨネナガの今日のメッセージ For ILES

 

「今日のメッセージ」を初めて読む方は、こちらもお読みください。
   はじめてコラムを読むあなたへ ピーター・ヨネナガからのメッセージ >>>

 

今、日本で起きている本当のこと

2021/1/23 20:00

インフルエンザの異常行動 タミフルとの関係は?
2021年1月2日 Yahooニュースのリンク画像です。

(出典:2021年1月2日 Yahooニュース)

ワクチンというのは、RNAに変異がない状態でしか対応できないとされています。つまり、ワクチンを接種したからといって人によっては全く効果がないことになります。

一方、抗インフルエンザ薬のタミフルを服薬して飛び降り自殺する事件も起こっています。コロナに効果があるとされている「リバビリン」は、ウイルスを覆っているタンパク質の合成を阻害する薬であり、健全な他の細胞分裂を阻害する可能性があるようです。

ただし、欧米諸国のように膨大な死者が出ている状況の中ではそんなことを言ってられません。何としてでも、感染者と死者が増えることを食い止める必要があるという「非常事態」にあります。突然変異というのはあくまで劣化であって、やがて弱毒化していきます。

問題は、いつになったから完全に「終息」するかですが、それは数十年はかかると言われています。幸いなことに、日本では感染爆発が起きず、来月にも第3波の「収束」が見えてきました。

今、日本で起きている本当のこと

2021/1/23 14:00

効果は?安全性は? 新型コロナワクチンについて知っておきたいこと Q&Aで医師が解説
2021年1月20日 Yahooニュースのリンク画像です。

(出典:2021年1月20日 Yahooニュース)

卵や牛乳でアレルギー反応が出る人はタンパク質が体内で異物として認識され、免疫が激しく抵抗して自分の体を攻撃してしまうからです。

同じように、「アナフィラキシー・ショック」というのは、ワクチン接種でも起きています。ワクチンも人によっては体内で異物と認識され、想定外のアレルギー反応が出ることがあります。だから、医者はワクチン接種しないと言っているわけです。

結局、ワクチン接種をしないで手洗いやうがい、アルコール消毒をし、栄養や適度な運動で免疫を上げるしかないように思います。しかし、仕事内容によってはそのような生活ができない人もいます。今後、働き方を変えるためにはさらなる工夫が必要です。

今、日本で起きている本当のこと

2021/1/22 20:00

コロナで変わる世界 第2部 パンデミックと社会/1(その1) 中国「闇」ワクチン流入 日本の富裕層、接種
2021年1月1日 毎日新聞のリンク画像です。

(出典:2021年1月1日 毎日新聞)

日本の富裕層が「中国製ワクチン」を個人輸入で購入し、日本のクリニックで秘密裏に一人当たり10万円程度で摂取したと報道されています。

副作用のリスクが高いワクチンを接種した富裕層の社長夫妻は、「今だけ、カネだけ、自分だけ」の典型であり、今は金持ちでも2025年までは生き残れないでしょう。

つまり、中国の医師が発表する医学論文など日本の研究者はおろか、欧米の研究者は全く信用していないということです。実は、中国の科学技術の水準というのは未だに低いレベルにあり、高度な技術をアメリカから盗んだとしても、上手く扱えずに医療事故を起こしているのが現状です。

また、ウイルスのワクチンがどのようなメカニズムによって効果を発揮するのかを知れば、ワクチンに効果がないことを理解できるようになるはずです。しかし、中国の製薬会社「シノファーム」や「シノバック」などが開発したワクチンは論外です。

今、日本で起きている本当のこと

2021/1/22 14:00

ローマ教皇フランシスコ、公務の場で初めてマスク着用
2020年10月21日 Newsweekのリンク画像です。

(出典:2020年10月21日 Newsweek)

不正選挙でバイデン政権が誕生したことで、これから証明されることは、民衆が政権や体制批判するだけで拘束・逮捕される光景が頻繁に見られるようになることです。

例えば、日本の江戸時代では将軍の悪口を言っただけで切腹させられ、現在の中国では習近平主席のことを「くまのプーさん」とSNSで投稿しただけでもアカウントを凍結され、そのまま刑務所へ連行されるわけです。

このように、国民の一人ひとりが政治権力の在り方に影響されています。だからこそ、世界各国の王族や大統領、首相などの「権威の祈り」というものがより重要ですが、現在のところは日本の天皇にしか機会が与えられていません。

戦後、アメリカの属国になったことから私たち日本人が手に入れたものはありますが、すでに教会や寺などで祈っている聖職者の信用はなくなり、権威と権力のパラドックスはいまだに解けていないのが現状です。したがって、権力者たちの悪事はまだまだ続いていきます。

今、日本で起きている本当のこと

2021/1/21 20:00

2021年、ついに起こるか…? 富士山大噴火「Xデー」の危ないサイン
2021年1月17日 Yahooニュースのリンク画像です。

(出典:2021年1月17日 Yahooニュース)

日曜日の1月17日は、「阪神淡路大震災」から26年目を迎えました。また、3月11日は「東日本大震災」からちょうど10年が経ちます。そして、2018年9月6日に「北海道胆振地震」が起きました。

最近、首都直下型地震が起きる気配が感じられるようになりました。地震に関する報道記事が出ていますが、都内ではそのような騒ぎが見られないようです。NHKでも放映されましたが、残念ながら首都圏の人たちは何も感じていないようです。

富士山の頂上には雪がありませんが、東京や大阪ではマイナス気温の日が続いています。気象庁は、雪雲の流れを言い訳にしていますが裾野が雪で覆われていることから、山体内にマグマが上がってきていることは明らかです。

インドネシアで火山噴火 前日の地震では81人死亡災害相次ぐ
2021年1月18日 TBS NEWSのリンク画像です。

(出典:2021年1月18日 TBS NEWS)

先日、インドネシアのジャワ島では5000メートル級の火山が噴火しました。前の日には、スラウェシ島西部を震源とするマグニチュード6.2の地震が発生し、死者は「18日」まで「81人」もいるとのことです。

今、日本で起きている本当のこと

2021/1/21 14:00

実は世界中にいるトランプファン 中国の民主派にも亀裂を残して
2021年1月19日 東京新聞のリンク画像です。

(出典:2021年1月19日 東京新聞)

今、アメリカだけではなく、ヨーロッパや日本、さらに中国にもトランプ大統領を世界を「解放する革命リーダー」として認識する動きが高まっています。

しかし、トランプはそのような存在ではないと思います。トランプは、超富裕層のリバタリアンたちが彼らの理想を実現するために担がれたツールでしかないということです。トランプは、グローバリゼーションの流れに乗れずに損を押し付けられた労働者階級の代弁者ではあると思います。

リバタリアンたちは、自分たちの政治的なアジェンダを実現するための政治的なツールとして労働者たちの怒りを巧妙に利用しているということです。そして、「Q」はポンペオ国務長官を中心とした諜報機関NSAの別動隊であることが明らかになってきました。

今、日本で起きている本当のこと

2021/1/20 20:00

コロナで進む地方移住、「笑う地域」と「泣く地域」
2021年1月18日 livedoorNEWSのリンク画像です。

(出典:2021年1月18日 livedoorNEWS)

アメリカでは、テキサス州に移住する人が増えています。一方、日本では子午線にあたる神戸や淡路島に本社を移転する企業が増えているようです。

大都市への集中を避けるためですが、首都圏はすでに生理的な我慢の限界を超えているように思います。また、大地震や大津波などの自然災害に備えているようにも見えます。首都圏の沿岸部のほとんどは、徳川幕府が作った埋め立て地であり、皇居周辺(江戸城)だけは昔から陸地であったようです。

ローマ帝国の崩壊によって、都市部の生活が中世に移行するタイミングに似ています。しかし、当時とは科学技術のレベルが異なり、集中から分散へのトレンドが変わりつつあると思います。いよいよ土地の奪い合いが終わり、共栄共存の時代が近づいているのかもしれません。

今、日本で起きている本当のこと

2021/1/20 14:00

「正しい情報」ネット利用者へ 検索の主導権取り戻す
2021年1月5日 日本経済新聞のリンク画像です。

(出典:2021年1月5日 日本経済新聞)

私たち日本人の不幸の根源は、家庭と学校教育でテレパシー能力を失ったことです。しかも、情報リテラシー力もないのでマスメディアの嘘に騙され続けるしかありません。

また、10年前はグーグル検索で何とかなった話も、今は正しい情報など何も出てきません。結局、普段から学習して知識を身につけなければならないという状況に戻っているわけです。「暗記する意味がない」と言っていた人間は、これから大変な窮地に陥っていくのは明らかです。

70代以上も完全に失われているので、明治維新以前には持っていたのか、あるいは奪われたのか、とにかく何も言わないで相手に伝えることができれば瞬時に事実が伝わるわけです。この世に時間という定義などないことは、仏陀の言葉からもわかります。

情報リテラシーを身につければ、ほとんどの不幸はなくなり貧富の差も緩和します。貧富の差はほぼ能力差と同じになり、能力の差と責任の差が並行するようになるということです。貧富の差を作っているのは資産へのしがみつきであり、しがみつくために嘘を言うしかありません。

菅やバイデンなどの政治家を見ていても、嘘で支配するためのシステムを「文明」と思い込んでいる人々を中心にテレパシー能力の喪失が起きています。

今、日本で起きている本当のこと

2021/1/19 20:00

「富士山噴火と巨大地震」リスクが巨大になると人は思考停止に
2021年1月8日 日経ビジネスのリンク画像です。

(出典:2021年1月8日 日経ビジネス)

いよいよ、太平洋ベルト地帯が崩壊する南海トラフ巨大地震や首都直下型地震が、数年以内に起こるのは確実となってきました。

私たちAtlasでは、繰り返し災害によって停電になることを伝えてきました。また、車中泊の準備や1年分の食糧備蓄について何度も書いてきました。何度も試行錯誤し、何が必要なのかについて東日本大震災後は情報リテラシーの研究開発を続けてきました。

首都圏から地方へ移住する必要があることや、都市部の脆弱性についても述べてきました。最終的には、都市部では暮らせなくなり、自分でコメや野菜を栽培することになるかもしれません。ウイルス感染の予防方法や資産防衛についても具体的に伝えてきたつもりです。

さて、読者の皆さんは本当に行動しているのでしょうか?これから起きることは、想像力がなければ必ず淘汰されてしまいます。何らかのハイヤーセルフを信じていることで逃れられるはずです。

今、日本で起きている本当のこと

2021/1/19 14:00

トランプが炙り出した米国の建国以来の矛盾
2021年1月14日 Yahooニュースのリンク画像です。

(出典:2021年1月14日 Yahooニュース)

アメリカ国内は、中国に投資して儲けた人と損を押し付けられた人の間で分裂が起きています。当然、前者がバイデン(ディープステート)の支持者で、後者はトランプの支持者です。

これまでの歴史法則では常にディープステートが勝利してきましたが、今回はあからさまな不正選挙が行われたため、アメリカはさらに「嘘は泥棒の始まり」の社会に突入するしかなくなっています。つまり、共産主義の中国共産党とアメリカが手を結ぶわけです。

日本はまたしても生き延びることができそうです。なぜかと言えば、天皇陛下の祈りに強制や嘘はないからです。ただし、中国とアメリカから超富裕層の移住希望者が飛躍的に増える可能性があります。

結局、そこまで忖度しないで生きていける日本が最も楽ということです。数千年前も、戦乱の中国大陸から逃げてきた貴族と知識人の技術力と先住していた縄文人が交じり合ったのは私たちの遠い祖先でした。日本が成立するためのプロセスが、再び始まっています。

今、日本で起きている本当のこと

2021/1/16 20:00

天皇陛下のお祈りと、一般人の祈りはどこが違うのか?
2020年11月23日 致知出版社のリンク画像です。

(出典:2020年11月23日 致知出版社)

欧米諸国の王族や政治家たちは、日本の天皇陛下のような「祈り」で世界を安定させる方法しかないのはわかっていると思います。優れた政治家ほど、陛下の大変さは骨身に染みていると思います。

しかし、欲望だらけの欧米諸国の権力者にとって、そのような生き方は全てを手放すことを意味します。宗派を超えた万人の幸福を祈るような祈りに徹するのは簡単ではなく、日本の長い歴史のの中で最適解を模索した結果であるということです。

結局、地球上の様々な問題を解決し、未来を開くには天皇陛下が実践している方法しかないのは明らかです。最近、スピリチュアル系の人々がネット上で「不思議な話」をしていますが、地球以外に生命体が存在しているのなら、私たちと大して変わらないのかもしれません。

ハリウッドのSF映画に登場してくる悪役のほとんどは、地球を救うためというはっきりとした目的を持っている場合が多いように思います。さて、来週は一体どうなるのでしょうか?

今、日本で起きている本当のこと

2021/1/16 14:00

日本製「アクテムラ」、コロナ治療に有効…英国政府、重症患者への迅速な投与を表明
2021年1月12日 Business Journalのリンク画像です。

(出典:2021年1月12日 Business Journal)

友人の医師に話を聞いていると、昨年3月以降に発熱していない無症状の患者を診察したところ、退院後にも微熱が続いたりすることがあるらしいです。

つまり、「免疫過剰反応」が続いているということです。具体的には、「免疫性のサイトカイン」を抑えているために、風邪をひいた時のように精神的に「だるい」状態が続いているわけです。だから、本当は「炎症性のサイトカイン」なのかもしれません。

最近の医学会のトレンドでは、腸内細菌が肺などの臓器に引っかかって自己免疫反応を起こしていることが注目されています。疲労や筋力低下、睡眠障害、不安または抑うつ状態などの後遺症に悩まされている患者は、長期的な回復のための対象となっています。