最近、特に自然災害や経済の悪化、社会問題などインターネットによる情報過多時代に本当に必要な情報を手に入れる必要性が出てきつつあります。インターネットや口コミなど玉石混交の情報が入り乱れる中、情報に振り回されないために、本当に有用な情報とは一体何でしょうか?

日本を含む世界の動向や金融・暗号通貨市場などの未来予測をはじめ、とっさの時のために学んでおきたい私たちAtlasの「情報リテラシー教育スクール」をご紹介します。

私たちは、「未来」についていつも関心を持ちながら生きています。仮に「未来が分かる」ようになれば、誰もがその方法を知りたいと思うわけです。いつの時代でも「未来を知る方法」が人々の心を捉えて離さないのはここに理由があります。

情報リテラシー教育とは?

まず、情報リテラシーとは、「様々な言語で書かれた新聞やインターネット上に公開されている情報を分析すること」です。

世界40ヵ国、計10ヵ国語のコース持つ会員制語学スクールのAtlasマンツーマン英会話では、国内外の様々な言語で書かれたあらゆる公開情報を分析しています。そして日々の報道の中で、これまでに起きた本当の歴史を学び、そこから情報リテラシー能力と英語力を磨いていくという開発研究と普及を行っています。

当然、これまで起きた過去の出来事の中でも、今とこれからを考える際に過去と結びつける必要性があります。なぜなら、この世は「フラクタル構造」でできているからです。つまり、数十年の間に何度も同じことが起きているということです。まずは正しい歴史を学び、それを知ることによって現実に起きる突然の出来事を前にしても、未来がどうなっていくのかが具体的にイメージできるようにしていくことが求められています。

今後、この情報リテラシーを皆さまと一緒に札幌市内で新期開校予定の「情報リテラシー教育スクール(ILES)」で学びつつ、経営や投資、学業、そして教養のためにお役に立ちたいと考えています。

また、インターネット上の情報(infomation)だけで終わるのではなく、諜報(intelligence)によって自分自身で未来をイメージしていくためにも必要不可欠なものになっていくものとAtlasでは考えています。