ホーム   > 今、起こっている日本の国内情勢の本当のこと index

コラムに寄せられた感謝メールの紹介

青森県在住の方より  2020/9/23 掲載


大変お世話になっております。いつも貴重な内容を教えて頂き本当に感謝いたします。コラムを読まさせて頂いて以来、素直に自身と向き合いあって過ごす日々を穏やかに過ごしています。


私は、アメリカの大学で日本語を教えていましたが、治安の悪化などがきっかけとなり、日本に帰国しました。帰国後は、瞑想をしたり、日本語で書かれている本を何度も読み返したりする毎日をおくっています。


専門の物理や数学、化学なども、基礎を見直しながら勉強をやり直しています。生まれ故郷の田舎に住宅と畑を所有し、発電機や太陽光システムを自分で構築しました。


ピーター様が、コラムやメッセージで首都圏の危険性を強く訴えていることは、本当に起こり得ることであるように思います。私自身、コラムを読んでいて災害状況がはっきりとイメージできるようになりました。


自分自身が感じ取れる感覚というのは、当初は動揺していましたが、逆らえない宿命と理解できたことから、現在は穏やかに受け入れるようにしました。今後のご活躍をお祈りいたします。

 

札幌市在住の方より  2020/9/16 掲載


はじめまして。いつも読んでいます。札幌のススキノのような夜の街が、コロナ感染の起点であることは間違いないと思います。北海道は貧乏だから、会社を補償するお金がありません。だから店を開けるのであって、店を開ければお客さんは来ます。


しかし、彼らはコロナに対して誤った行動を取り続けています。それは「正しい情報が届かない」ことも大きく影響していると思います。情報リテラシーや、情報そのものが得られるかはどうかは強要に比例することを強く感じました。


そのほとんどが、コロナに関する正しい情報がそもそも届いていません。届くのは、芸能ニュースやプロ野球の結果、昼に何が食べたい、というようなことばかりです。自身の興味しかないので、そうやってアルゴリズムが組み込まれ、スマホの情報が目の前に提示されています。


ススキノには、若い人が大勢集まっています。彼らのSNSアカウントでは、正しく有用な情報は出てこないと思います。若い人たちが次々に入る飲み屋は危険でいっぱいです。夜の街を完全封鎖するのも悪くないと思いました。


しかし、夜の街でしか生きていけない、働きたくなくても働かざるを得ない人がいるのは知っています。つくづくコロナは、世の中の暗い部分をどんどん浮き彫りにしているように感じています。


これからも応援していきます。毎日の有用な情報をありがとうございます。

 

東京都在住の方より  2020/9/9 掲載


ピーター様の「東京はニューヨークやイタリアになる」を前提に、最近は家族でよく話し合い、行動するようになりました。


食料品や消毒液を少しずつ備蓄し、指に挟むだけの血中酸素値が計測できる機器を購入し、ついでに肺機能の異常を測定する機器も買いました。「家族の誰かがコロナに感染したら」というシュミレーションも行っています。


例えば、医療崩壊が起きたら受け入れ先の病院がなくなり、空いている部屋を隔離部屋にするなどと考えています。台風や地震対策も少しずつ行っています。ソーラー発電やガスコンロ、飲料水などは、家族で協力しながら揃えました。


また、世界大恐慌を見込んで家族会議を行い、持っていた株を全て売却しました。これ以上上がるタイミングはいつになるかわからないのと、持ち家を中心に生きていくことにしました。不況になれば確実に治安は悪くなります。


この状況の中で、漠然とした不安を抱えながら生きざるを得ないので、人々はおかしくもなります。悪いことをして稼いでいた人たちは、さらに悪いことで稼ごうとすると思います。何かすると歯止めが効かない人間がたくさんいると思います。


徒党を組んで息を潜めている、悪いことで稼いでいる、不法滞在の外国人も同じです。自宅にはセコムしています。それでもダメなら、私が身体を張って家族を守るしかありません。身体を鍛えているのはそのためでもあります。現状考え得る対策は以上です。

 

北海道在住の方より   2020/9/2 掲載


ピーター先生、有益な情報提供有難うございます。ここ3ヵ月間、このコロナ危機で自粛の中、インターネットで検索する機会が増えました。


先生の日本に対する気持ちが伝わってきます。しかし、政治や行政、司法と財界が腐敗し、国民の大半が何も考えられないのでは、数年で国を立て直すことは不可能だと思います。


もう遅いと思うので、のたうち回りながら一旦は滅びる日本を指をくわえてみておきたいと思います。なかなか今の国民性を考えると、簡単にコントロールされてしまう面が強く、ラグビーでワンチームと言われれば国民全員が称賛の嵐です。


先生の言われるように改善されることを願っていますが、まだまだ道は長い気がします。本物のリーダーが現れることを期待するしかありませんが、野党の体質も自民党とあまり変わりません。


自由で平等な国であるはずの日本は、さらに暮らしにくくなっていくと思います。本当に悲しいですが、騙された国民の責任でもあるかもしれません。


とにかく、何とかしないととんでもない目に遭います。これからも応援しています。

 

神奈川県在住の方の方より    2020/8/26 掲載


ピーター先生のコラムは本当にありがたいです。とても勉強になります。もうすぐ立て直しが始まるということで、このパラダイムシフトにほとんどの人はついていけていないと思います。


地方ごと、地域ごと、コミュニティーごとに誰かがリーダーとなって道を示さなければ、目先しか見えてない日本人のほとんどは路頭に迷うはずです。


今は何がわかっていて、何がかわらないのかが理解できないと自信が持てないので、わかったような顔をしている詐欺師に騙されることも多いと思います。


物事を突きつめて考える習性がない日本人はそこが弱く、決まった答えがなく、変化する物事に対応していくことが遅れている人ばかりですよね。


結局は、日本人のほとんどはゼロからの再出発から始める必要があるかもしれません。長い苦難の始まりは、まず自分の生まれ故郷に帰ること。そこで一人一人が仕事しながら守っていく。


この当たり前のことを学ぶことになりますが、いつまでも理解できずに学ばないままなら日本自体が終わってしまう。


人生の指針として毎日コラムを読んでいます。今までで一番良い話しが聞けました。ありがとうございました。多くの人に伝わりますように祈っています。