ホーム   > 今、起こっている日本の国内情勢の本当のこと index

ムジャヒディンやISを支援してきた欧米諸国は、アゾフ連隊への支援でテロ事件が起きる

2022/5/12

公安調査庁「誤情報が拡散」ウクライナ・アゾフ連隊めぐる記述を削除、ロシア側は反発
2022年4月14日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2022年4月14日 Yahooニュース)


ウクライナ軍の別動隊であった「アゾフ連隊」をネオナチと呼ぶことは、西側ではロシアが仕掛けたプロパガンダと思われています。


しかし、ウエストポイント(アメリカ陸軍士官学校)のテロ対策センターや、日本の公安調査庁はついこの間までアゾフ連隊をホームページなどで「ネオナチ」と記載していたわけです。残念ながら、公安調査庁はディープステートから圧力をかけられて、削除しています。


実際に、アメリカやイギリス、カナダ、そしてフランスは、ウクライナに住んでいるロシア系住民を虐殺したアゾフ連隊を資金面で支援し、軍事訓練を行っています。そして、「ウクライナ内務省」が管轄する「国家警備隊」に統合しました。


国家警備隊は、内務省が管轄しており、5つの司令部に編成されています。つまり、ウクライナ正規軍ではない地域的な軍であるということです。一方、「ウクライナ国防省」が管轄するウクライナ陸軍は大きく3つに分かれており、戦車隊や砲弾隊、ミサイル隊で構成されています。


アゾフ連隊は、市街地戦(ゲリラ戦)のために訓練されており、現在ではマリウポリやオデッサなど東部と南部の大都市を担当しています。首都キエフ郊外でもゲリラ戦が起きていましたが、おそらくアゾフ連隊が米軍やNATO軍の通信傍受でロシア軍に対抗していると思われます。


「ドラッグ乱用」「銃の乱射」…ウクライナ外人部隊の実態 日本人義勇兵の素顔とは
2022年4月6日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2022年4月6日 Yahooニュース)


いずれにしても、プーチンが「ネオナチ」と呼ぶアゾフ連隊は、NATOの支援によってカネで集められた傭兵に近い軍隊であることが明らかになりました。そして、ウクライナ政府内部にも一部のネオナチが潜伏しています。


アゾフ連隊のイデオロギーは、暴力的な白人至上主義者たちで構成されていますが、白人であるユダヤ人は差別していません。なぜかと言えば、ウクライナのゼレンスキーはユダヤ系ウクライナ人だからです。


しかも母国語がウクライナ語ではなくロシア語であり、民族主義者のアゾフ連隊が真っ先に毛嫌いする人種であるはずです。また、元自衛官の日本人や元韓国軍の韓国人なども、ウクライナ軍と合流している動画が流れています。


白人以外を嫌うネオナチは人種差別者ではなく、おそらく殺人が趣味であるシリアルキラーが多く所属している可能性が高いと思います。だから、彼らの機嫌を損ねるとすぐに殺害されてもおかしくない状態に置かれているかもしれません。


9・11から20年、アルカイダ元幹部が日本に警告「米国に追従すれば危害が及ぶ」 本紙取材に応じる
2021年9月22日 東京新聞へのリンク画像です。

(出典:2021年9月22日 東京新聞)


さて、1979年に旧ソ連がアフガニスタンに侵攻した時も、アメリカやNATOはイスラム原理主義勢力の「ムジャヒディン」に資金と武器を供給してソ連を弱体化させるために軍事的に協力しています。


アメリカ製の最新兵器を得たムジャヒディンは、結局、ソ連軍に勝利して10年後の1989年にソ連軍を撤退させたわけです。ところが、その後アフガニスタンは別のイスラム原理主義勢力の「アルカイダ」の拠点となり、2001年9月11日に同時多発テロ事件が起きました。


また、アメリカは2003年にイラクを侵略してフセイン政権を倒し、2011年にはリビアのカダフィ政権も倒しています。さらに、シリアのアサド政権を弱体化するため、反政府系のイスラム原理主義勢力を支援しています。


そして、独裁政権が打倒されたイラクやシリアを中心に「IS」と呼ばれるイスラム原理主義勢力の拠点となり、100万人以上が避難民となってヨーロッパ各地に流れていきました。ヨーロッパ各地ではイスラム原理主義によるテロ事件が増えていったわけです。


ウクライナ「義勇兵」を各国がスルーする理由――「自国民の安全」だけか?
2022年3月5日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2022年3月5日 Yahooニュース)


要するに、ブッシュ政権(ネオコン)とオバマ政権が侵略したり、カラー革命を起こさなければ大量の避難民が流れてきたり、テロ事件が増えることもなかったということです。今回、バイデン政権によってウクライナ戦争は始まりました。


アメリカとNATO(ディープステート)が企てることは、必ず自分たちに返って来るわけです。欧米(日本も含む)の先進国に住んでいる私たちは、意図的に戦争に加担されられているのが現状です。


アゾフ連隊もアメリカとNATOが支援されている以上、戦地から帰国した白人至上主義者が各地でテロ事件を起こすのは時間の問題です。日本ではテロ事件は引き起こしにくいので、昨年のハロウィーンで起きたような「京王線殺傷事件」のような偽旗作戦が起こされる可能性があります。


欧米メディアは、ロシア軍が首都キエフの攻略に失敗したと報道していますが、ロシアはキエフ攻略は目標とせず、ウクライナ軍を分散させて本来の目標であるウクライナ東部を抑え込む戦略でアゾフ連隊と戦っています。

<<< PRE:NATOは、世界各国からウクライナに集まった白人至上主義者たちに軍事訓練を実施 INDEX NEXT:プロパガンダをまき散らすテレビや新聞が終わる >>>

すべての「人」へ、
今、起こっている世界情勢の本当のことをあなたに
平和ボケした日本人の多くは、「ウクライナでよかった…」と安堵している from Atlasマンツーマン英会話 peters.jp

すべての「人」へ、
今、起こっている世界情勢の本当のことをあなたに
2030年頃に起きる第三次世界大戦では「核兵器」が使われる from Atlasマンツーマン英会話 peters.jp

すべての「人」へ、
今、起こっている世界情勢の本当のことをあなたに
日本政府はロシアを敵視し、日本国民を戦争に巻き込もうとしている from Atlasマンツーマン英会話 peters.jp