ホーム   > 今、起こっている日本の国内情勢の本当のこと index

2022年に日本国内外で予測されている事件・事故@ 「火災・地震・洪水・停電・汚水処理水の放出」

2022/1/13


元CIA工作員が分析する2022年…中国は大人しくなるが、アメリカは揺れる
2022年1月5日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2022年1月5日 Yahooニュース)


今年も別名「CIA(News)Week」から予測分析を行っていきます。まず2020年が始まって一週間が過ぎましたが、世界各地で住宅やアパートの火災が相次いでいると報道されています。日本国内で起きている火災の主な原因は、暖房器具を使うことが増えたからです。


アメリカの東海岸などでは山火事が頻繁に発生していますが、森林火災というのは自然に起こったものとは限りません。人為的に手を加えられた放火犯罪のケースもあると、各州の調査報告書で上がっているようです。


例えば、トラックで移動しながら放火して山火事を引き起こしている事件では、複数の消防士が現場で目撃しています。ここ数年、西海岸のワシントン州やカリフォルニア州で発生した森林火災は、強風で想定外の地域にも被害を及ぼしています。


21年の世界、自然災害相次ぐ 欧州で大洪水、米国で竜巻―スペインの噴火、3カ月続く
2021年12月27日 時事通信へのリンク画像です。

(出典:2021年12月27日 時事通信)


昨年、世界中の人々が危険なワクチンを接種したため、体調に異変を感じ始めている人たちがSNS上でツイートしています。私たちの周りにも症状の悪化を訴えている人たちがいますが、異常な行動に出たり、物忘れが増えて火災事故が増えるものと考えられます。


また、火だけではなく水の事故も増える可能性が高いと思います。昨年、ドイツで起きたような不自然な大雨と洪水がヨーロッパ各国で発生し、「ワクチン接種証明書」に反対する大規模な抗議デモと重なって大混乱することが予想されています。


日本では、昨年10月頃から首都圏で地震が頻発するようになりましたが、これから新月のたびに震度5レベルの地震が発生し、火球やUFOの目撃情報も増えてくると思われます。北極圏の磁極が移動するポールシフトという現象が実際に起こっています。


福島第一原発の処理水、海洋放出を政府が決定
2021年12月27日 時事通信へのリンク画像です。

(出典:2021年4月13日 BBC)


当然、人災によって自然災害に見えるようなことも起きますが、住んでいる地域によっては洪水や津波のような現象も各地で起こされると考えておく必要があります。人為的に手が加えられることで、安全であるはずの水道局の供給が途絶えることがあるかもしれません。


誰の目にも自然災害(変異株の感染拡大)のように見えますが、実は周到に計画している組織が世界中に存在しています。日本では、水の供給や治安を確保するために自警団のような組織が結成されることはないため、世帯ごとに話し合うしかありません。


すでに宮城県の水道施設はフランスの企業(ヴェオリア社)に売却されており、日本の豊かな水資源を独占的に確保したいグローバル企業が日本の国会議員と結託してしまっています。


そして、最も深刻なのは福島原発に保管されている大量の「汚染処理水」の海洋放出を日本政府が決定していることです。水資源は、世界中でグローバル企業が独占しようとする動きが見られていまが、ボリビアやフィリピンでは市民運動によって排除に成功しています。


一方、海外では前例がない地震発生のパターンが現れるようになり、断層が新たなに形成されていると報道されています。アメリカ西海岸では、M8以上の巨大地震がいつ起きても不思議ではない状態にあります。


カーボンニュートラルで「大停電時代」がやって来る
2022年1月7日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2022年1月7日 Yahooニュース)


今年、世界各地でインターネット接続が何度もシャットダウンするようなことが起これば、それは間違いなく事故ではありません。以前からDSは、世界中の人々がコミュニケーションを遮断されるシナリオを作成し、計画していました。


当然、各国政府は「ハッキング」や「サイバー攻撃」などと説明しますが、同時に各地で大規模な停電(ブラックアウト=ダークウインター)が発生する可能性もあります。さらに、政府は「太陽フレアの影響で電磁波が原因…」と言い訳することもあります。


特に、日本の大都市では地下鉄などの公共交通機関が何度も停止するようになり、一時的に運行を停止する電鉄会社や自治体が出てきます。とはいえ、あくまで停電は計画的なものであり、状況や原因などが具体的に説明されません。

<<< PRE:2022年1月4日の仕事始めに「第6波」の演出が始まった INDEX NEXT:2022年に日本国内外で予測されている事件・事故A 「食料危機、国債暴落、物価・ガソリン価格高騰」 >>>

すべての「人」へ、
今、起こっている世界情勢の本当のことをあなたに
旧ソ連崩壊30年後、NATOとロシアのプーチン大統領との外交交渉 from Atlasマンツーマン英会話 peters.jp

すべての「人」へ、
今、起こっている世界情勢の本当のことをあなたに
プーチン大統領がNATO(=軍産複合体)の嘘を暴き、ウクライナ危機は沈静化 from Atlasマンツーマン英会話 peters.jp