ホーム   > 今、起こっている日本の国内情勢の本当のこと index

新型コロナウイルスを避けるために、日本を脱出する人々


<新型コロナウイルス> 北海道でも検査が可能に
2020年1月30日 日テレNEWS24へのリンク画像です。

(出典:2020年1月30日 日テレNEWS24)


春節(旧正月)がようやく終わり、大勢の中国人観光客が中国に帰国していきました。しかし、北海道札幌市では「雪まつり」がスタートしています。


それでも、できるだけ人の多い場所には行かないことをお勧めしておきます。街で中国人を見かけたら、その方が武漢から来たかどうかではなく、感染者であると推測して思って近寄らないことです。


節分ということで、「鬼は外、福は福は内」を実践していくことがっ求められているように思います。2月は、恵方巻を買わされたり、バレンタインデーということでチョコレートをもらうという意味の分からないイベントが目白押しです。


そのほとんどが単なる商売でしかなく、宗教的行事でも何でもないのが本当のところです。こんな時に、チョコレートを食べ過ぎて無駄に血圧や血糖値を上げないように注意する必要がありそうです。


こんな時というのが、中国の新型コロナウイルスのことです。この1週間ほど、かなりの記事を書いたわけですが、安倍政権が中国からの観光客(インバウンド)が落とすマネーを欲しいがために、国際的には常識である中国人の入国停止が遅かったことが悔やまれます。


インバウンド推進で…安倍政権が「新型肺炎」対策できない裏事情
2020年1月26日 Livedoor Newsへのリンク画像です。

(出典:2020年1月26日 Livedoor News)


1月20日の時点で入国停止にしなかったことは、完全な失策です。まだ、日本国内では感染者の拡大は発生していませんが、安倍首相の初動ミスによってこれから日本でもパンデミックが起きる可能性は十分残されています。


日本は、中国本土に次いで世界最大の感染国となっており、次いでタイやシンガポールでも確実に感染者(陰性)が増え続けています。現在でも、日本各地には長期滞在している武漢からの感染者がいるのは明らかです。


今、最も重要なことは、人ごみの中に入らないことです。買い物や外食であっても、できればしないことです。実は、これこそ中国政府が国民に指示しているウイルス防止策なのですが、それ自体は正しい方法であるように思います。


しかし、安倍政権が大量の中国人を1月に入国されたため、今週あたりから日本人の感染者が確認されるようになり、不幸にも命を落とす者も出てくるものと考えられます。その後、感染者数・社死者数とも爆発的に増えていくというわけです。


安倍政権が、2月中旬までに具体的な手を打たない場合、感染者が10万人以上になり、死者数は1,000人を超えるような事態になりかねません。中国・武漢市の映像を観ていると、数か月で爆発的なヒトからヒトへの感染が広がり、混乱している様子がわかります。


People with intention spreading the virus, escape the quarantine zone What happen amid the outbreak?

(出典:2020年1月28日 Youtube:The Newsmonger)


マスメディアの多くは、新型コロナウイルスの死亡率を3%程度としていますが、もしこのウイルスが突然変異することになれば、2003年のSARSの時とほぼ変わらない死亡率10%となる可能性があります。


現在のところ、感染した奈良県に住む60代のバス運転手の病状については、詳しく報じられていませんが、高熱が出始めて渇いた咳が止まらないのであれば入院することになります。そして、陽性であれば命の危険に晒されることになるでしょう。


厚生労働省は、日本国内で感染した人々の容体や安否を発表していません。今週以降、バスの運転手が退院することができれば、これから先の見通しは明るいものになると思われます。なぜかと言えば、今回のコロナウイルスは中国人のDNAだけに作用していることが明らかになるからです。


その証拠に、未だに白人種や黒人種の感染者が表に出てきていません。しかし、日本人や欧米人に一人でも死者が出れば、後は状況が中国本土と全く同じになります。そうなれば、いよいよ日本からの脱出を考える人々で溢れかえるようになるはずです。


特に、海外旅行に一度でも行った経験のある方は、パスポートと荷物を抱えて、家族と共に国外脱出を考えているように思います。そして、残された日本人は安倍政権と自民党を深く恨むことになるかもしれません。

<<< PRE:【新型コロナウイルス】武漢市内と中国全土の本当の感染率と死亡率について INDEX NEXT:パンデミックと大地震など、国内で重要事項が重なる時 >>>

すべての「人」へ、
今、起こっている世界情勢の本当のことをあなたに
「生物化学兵器」が使われた背景と今後の対応について
from Atlasマンツーマン英会話 peters.jp