ホーム > 情報リテラシー教育コラム一覧

石炭→石油→原フリーエネルギー?
 紙幣→仮想通貨→暗号通貨?

ほんの数十年前まで、人類はエネルギーの原動力である石炭を使ってきました。19世紀には木材や風力、水力、そして18世紀以前、火の前はほとんど動物と同じであったわけです。


私たちは、これまでエネルギーの使用法を発明したことで、別の生き方をする生き物になってきました。ところが、原子力発電を稼働させる前に1945年にアメリカが原子力爆弾を広島と長崎に落としたことで、エネルギーの進展が止まったままの状態が続いてしまっています。


電気の発明はテスラとエジソンの時代に進展しましたが、直流ではなく、交流になったところでさらに前に進めるようになりました。つまり、私たちは電気の波動性を使い始めたところで事態が変わったことを知ったということです。


最近は、電気とエネルギーが結合することでエネルギーの流れが量子学的なものとなっており、いよいよAI(人工知能)のレベルにまで到達しつつあります。具体的には、エネルギーの流れと情報の流れを等値できるまでに精密化しているということです。


熱エネルギーを電気に変えたことで、私たちは効率的な電気のおかげで夜間での活動ができるようになりました。さらに、効率的にAI(人工知能)やロボットが働いてくれることになってきました。


最終的には、人は18世紀以前のように日の出とともに起き、日の入りとともに寝るようになるかもしれません。つまり、産業革命以来、時間の奴隷になって夜間も働く必要がなくなり、今よりももっと元気になるということです。


例えば、早くから子育てや学問などの楽しみを共存させ、嫌なことをする必要がなくなり、嫌なことは全てAIに丸投げし、難民や移民に押し付けるようなことはなく、興味のあることだけをするだけの社会にしていくのが本当の幸せであるように思います。


要するに、興味や関心によって人生を幸せに生きられる人口を増やさなければならないということです。おそらく、これが人類の本当の課題であるはずです。日々の生活の中に、発見と発明を入れていく人たちが今後の理想の人物像になっていくということです。


また、科学や認知の分野では最新の科学技術が新しい知識を生み、それが拡大しているのは明らかです。私たちは、すでに十年前とは別の生き物になっています。


このような状況の中、現代のエネルギーの流れである「お金の流れ」、つまり金融システムも刷新する必要があります。特に、米ドルを基軸通貨とした通貨を使い続けることで、知識と技術の拡大、そして生活の変化に追い付いていくことができなくなっています。


2021年以降、いよいよ上限なく印刷機で刷ることができる紙幣を捨て、頑強な暗号セキュリティーと履歴記録という2つをブロックチェーンに付け替え、暗号通貨が利用されていくことになるように思われます。


例えば、ブロックチェーンという技術は、履歴が消せないからこそセキュリティーの強さを保証していますが、金(ゴールド)のような元素転換できないような本物の暗号通貨が登場するかどうかにかかっています。


実際に、従来の中央銀行システムが発行する通貨はすでに限界を超えており、人類による知識の増大にエネルギーである紙幣が追いついていません。このような現象は、人類始まって以来の事態であり、懸念される人口増加よりも大きな変化なのは間違いありません。


今、株式や仮想通貨市場の乱高下を演出しているのは、実験的に現行システムを揺さぶっている可能性があり、お金が暗号通貨に完全移行し、暗号通貨のセキュリティーが維持できるかどうかにかかっています。


要するに、仮想通貨や金相場が株価と逆相関の関係にあることはそういう意味があるものと考えられます。同時に、フリーエネルギーもまだ人類を支えるには不安定であり、今後の発展に注目する必要があります。

INDEX NEXT:明治時代の英語学習法を先人たちから学ぶ@ 「今も昔も変わらない日本の英語学習」 >>>