1. ホーム>
  2. ピーター・ヨネナガの今日のメッセージ For ILES
ピーター・ヨネナガの今日のメッセージ For ILES

 

2020年7月後半のメッセージ

長年、農水省は日本の食料自給率が40%しかないことで食料供給の問題について主張してきました。ところが、新型コロナ後は輸出量を制限しているにも関わらず、「食料供給に問題はない」と言い始めています。

今後、第二波が襲ってきて農家が収穫を諦めた場合、これまでのように自由に食料品が手に入らなくなるかもしれません。買い溜めされないようにとの配慮が働いているのは理解できますが、本当に食糧危機が起こった時、政府が何もできないことは明らかです。

20年ほど前、地震や台風などに備えて常日頃から食料備蓄に心がける、というのが国民の義務であるかのような雰囲気がありました。それが、今では備蓄することが悪でもあるかのようにテレビや新聞は報道しています。つまり、政府とマスメディアを信じてはならないということです。

『本日のメッセージ』を読み、考え、行動しなければ、自然淘汰の時代に呑み込まれていくことは確実になったことをお伝えしなければならなくなりました。是非、日々の参考にしていただければ幸いです。

アトラス株式会社CEO ピーター・ヨネナガ

「今日のメッセージ」を初めて読む方は、こちらもお読みください。
   はじめてコラムを読むあなたへ ピーター・ヨネナガからのメッセージ >>>

 

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/31 20:00

震災で米教員の死亡を確認、初の米国人犠牲者
2011年3月22日 AFP BB NEWSへのリンク画像です。

(出典:2011年3月22日 AFP BB NEWS)

東日本大震災の時に被災した宮城県石巻市では、自らの命を捨てて日本の生徒を津波から守ったアメリカ人教師(ALT:英語アシスタント)がいました。

児童犠牲の大川小「人災の面も」 説明会で謝罪、不手際認める
2012年1月22日 日本経済新聞へのリンク画像です。

(出典:2012年1月22日 日本経済新聞)

一方、同じ石巻市にある大川小学校を襲った津波は、7割に当たる74人の生徒が死亡・行方不明になり、自然災害によるものではなく、日本人教師の無知と怠惰と御上至上主義による人災であったことが明らかになりました。

このように、日本人による教育の現場を見れば、日本の未来が失われつつあることがわかるはずです。私自身、できる限り日本で教育を受けることを避けてきたこともあり、「今、起きている本当のこと」を的確に伝えることができるわけです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/31 14:00

わいせつ教員対策で法改正方針 免許法、文科相表明
2020年7月22日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年7月22日 Yahooニュース)

無能な自称・学者しかいない日本全国にある大学は、数々の学術的権威の失墜によって教育機関の「リセット」が始まろうとしています。

特に、この数年間は多くの学校の先生が犯罪者として逮捕されるようになりました。2018年度の児童・生徒へのわいせつ行為などを理由に処分を受けた公立小中学校・高校などの教員は計282人で過去最多となりました。

しかし、この数字は氷山の一角に過ぎず、実態はこの何倍にもなるということは誰でも知っています。実は、こうした性犯罪教師の犯罪歴に関するデータは3年間分しか保存されておらず、前科者が再び教育の現場に教師として戻ってきて再犯を繰り返しています。

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/30 20:00

国際通貨基金(IMF):世界経済のリセット もっと誰もが恩恵を受けられる回復を推進する
2020年6月11日 国際通貨基金/IMFへのリンク画像です。

(出典:2020年6月11日 国際通貨基金/IMF)

いよいよ2020年後半は、世界的に全ての社会構造が「リセット」に向けて動き出していくことになりそうです。「リセット」とは一旦、世界的な経済や金融システムが終わることであり、国と国との外交関係が終わることです。

また、企業の生産システムと人事システムもリセットさせてしまうため、大企業は経済成長しない経営首相へ舵を切ることを覚悟し始めており、これまで一緒に製品の研究開発を行ってきた大学に期待しなくなりました。

アフター・コロナからニューノーマル時代に移行した今、完全に目的を失ってしまった経営者やこれらを統括してきた省庁、官公庁などの行政機関もリセットされることになり、政治家が集まる政党や立法機関、そして司法機関のリセットも時間の問題であると言わざるを得ないということです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/30 14:00

大学独自のコロナ給付、全国に広がる〜支援制度は90校に拡大
2020年5月1日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年5月1日 Yahooニュース)

日本の子どもたちのことを考えると、今後はアメリカのようにカネだけで高校や大学に入学することになるのは避けたいところではあります。

私立大学を見ていると、学校法人を持つことそのものが教育利権であるように思います。特に、私立は経営が厳しい時代を乗り越え、今日に至っています。苦しい時代を乗り越えるにはカネがモノを言うのは明らかです。

実際に、大学を設立するだけで巨額の補助金が政府からもらえるため、誰でもいいので学生さえ集めることができれば確実に儲かる時代がありました。現在、新型コロナの影響でオンライン授業を行っており、校舎を使うことなく、職員も要らない最高のビジネスモデルとなっています。

ただし、来年からは既存のビジネスモデルが機能不全を起こし始めているので、これまでと同じやり方では儲かりません。いよいよ大学が潰れるタイミングに入ってきました。

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/29 20:00

武漢型でも欧米型でもない。日本中に蔓延する新型コロナの正体
2020年7月17日 MAG2NEWSへのリンク画像です。

(出典:2020年7月17日 MAG2NEWS)

世界各国の大統領・首相の中でも、アメリカのトランプ大統領とブラジルのボルソナロ大統領、そして日本の安倍首相は一国の指導者としては向いていない可能性があります。

この3人の指導者は、熟考して正しい判断に至るということができないように思われます。国民の苦しみを感じる感性がないだけではなく、どんな人間とも共感することができないわけです。だから、新型コロナウイルスをコントロールすることなど出来ないのは明らかです。

特に、そのうち2人の大統領のせいで新型コロナの感染拡大はさらに進み、南北アメリカ大陸ではもっと多くの人々が命を落とすことになるものと考えられます。そして、覇権国であるアメリカの社会システムを崩壊へと導くことになるということです。

この特徴は、トランプ大統領だけに限定されるわけではなく、どの国の指導者も権力欲に支配されており、パンデミックを押さえ込むためのリーダーシップを発揮していません。これと同様のことは政治家や官僚、そして大企業幹部にも言えます。

彼らの大多数は、精神的に十分に成長しているとは言えなく、まだ幼児性が残る者たちばかりのように思います。

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/29 14:00

Go Toキャンペーン受託団体が二階幹事長らに4200万円献金
2020年7月21日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年7月21日 Yahooニュース)

「GoToトラベルキャンペーン」ですが、ホームページを見てみるとツアー料金は通常の2倍の価格に設定されているので全くメリットがないことがわかります。

結局、安倍政権が仕組んだJTB救済であるわけですが、今回もかなりの予算を政治家と官僚、そして大企業が中抜きしているということです。東京都民だけ除外して税金を使うのは不公平・不平等であるのは明らかです。

いずれにしても、東京オリンピックが事実上の中止となった結果、スピンサーである旅行業大手JTBやHIS、交通機関のJAL、ANA、そしてJRなどの観光業界を救済するということが今回の目的であるということです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/28 20:00

11年ぶり、最強クラスの太陽フレアが発生
2017年9月7日 Astro Artsへのリンク画像です。

(出典:2017年9月7日 Astro Arts)

私が冷戦後の1990年代にアメリカ陸軍に在籍していた頃、一体何が本当にアメリカの脅威になるのかを考えさせられたことがありました。

その結果、巨大な太陽フレアが地球に直撃することが最大の脅威であるとわかりました。まるでハリウッド映画のような話ですが、もしそれが起これば地球上の全ての電力網は壊滅し、社会インフラも破壊されることになります。

関東の梅雨寒は解消されず、東京都心は1993年大冷夏以来の低温記録に
2020年7月18日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年7月18日 Yahooニュース)

実際に、来年あたりから世界中で死者数がさらに増える可能性があります。この増加の原因は飢餓によるもので、新型コロナウイルスのみならず食糧危機によってももたらされる事態であるということです。

すでに各国の中央銀行をはじめ、多くの銀行はこの大停電に備えており、社会を安定させるためには経済をコントロールする必要がありますが、銀行は支配体制を維持するために、災害後の経済再建にも備えているわけです。その際、貨幣はデジタル化されて現金はないかもしれません。

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/28 14:00

抗体は検査だけでなく治療にも 歴史は長く100年以上
2020年7月27日 朝日新聞へのリンク画像です。

(出典:2020年7月27日 朝日新聞)

新型コロナウイルスに感染後、回復した患者の血小板を注入する方法が有効であるとされていますが、最終的に感染の拡大を本当に抑止できる方法は、結局、体内の免疫を高めることしかないのかもしれません。

残念ながら、今年の秋から感染拡大はさらに広がり、世界中の都市が再びロックダウン(都市封鎖)されると同時に、完全にサプライチェーンが寸断されてスーパーなどから商品が消えるような事態になる可能性があります。

コロナ第二波か… 森永卓郎氏が危機感「いますぐ東京23区を封鎖すべき」
2020年7月10日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年7月10日 Yahooニュース)

結局、感染を拡大させているのは公共交通機関を使った人の移動であるように思われます。特に、首都圏ではリモートワークをしている人はほんの一部であって、緊急事態宣言の解除後は満員電車に乗って通勤・通学しているのが現状です。

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/22 20:00

クリントン・ブッシュ両元大統領の肖像画、ホワイトハウスの玄関から撤去
2020年7月18日 AFP BB NEWSへのリンク画像です。

(出典:2020年7月18日 AFP BB NEWS)

中国へ脅しをかけているように思いますが、トランプ大統領は本当に芝居がかったことをすることが好きです。撤去された肖像画の代わりに現在は、マッキンリー第25代大統領と1901年に暗殺されたことによって副大統領から昇格したセオドア・ルーズベルト第26代大統領の肖像画が飾られていると、CNNに話しているようです。

Pentagon Reveals Trump's "Super-Duper" Hypersonic Missile
2020年7月17日 Zero Hedgeへのリンク画像です。

(出典:2020年7月17日 Zero Hedge)

トランプ大統領が再選を果たせば、中国に対して経済的制裁に限定されますが、バイデンが大統領になればどうなるかは分かりません。あるいは、大統領選挙のために米中開戦が始まる可能性さえあります。

また、新型コロナを欧米諸国にばら撒いた勢力は、習近平政権(毛沢東主義派)を倒そうとしているように思います。歴史的には、1930年代に中国本土へ侵略した日本帝国軍のような存在になりつつあります。意図的に暴走させて自滅させるのは、戦国時代では常套手段としてよく使われていました。

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/22 14:00

イージス・アショアの配備撤回を明記 20年版防衛白書
2020年7月14日 朝日新聞へのリンク画像です。

(出典:2020年7月14日 朝日新聞)

ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」を延期してまでF35の配備を優先しなければならなかったのは、中国とロシアによる領空侵犯を阻止する以上に重大な要件です。

北朝鮮からの核弾頭ミサイルを迎撃するのではなく、ミサイル発射準備を察知して先制攻撃を仕掛けるためです。つまり、迎撃ミサイルという信頼性の低い防衛システムに頼るのではなく、情報戦によって相手のミサイル基地を先に攻撃するという戦術に切り替えたということです。

ただし、日本は憲法によって核を持つことが許されていません。日本が反撃できるのは、核弾頭ミサイルが日本の領土に着弾してからです。だから、海上自衛隊の空母と垂直離発着可能なF35戦闘機を抑止力にするわけです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/21 20:00

米、日本へのF35売却承認 105機、総額2兆4800億円
2020年7月10日 時事通信へのリンク画像です。

(出典:2020年7月10日 時事通信)

今回の最新鋭ステルス戦闘機F35の購入決定は、実は対中国、対北朝鮮に対する最後の切り札であるものと考えられます。

購入価格は当初の1機あたり90億円の倍以上に跳ね上がり、設計図はアメリカの秘密保護法によって守られているので日本人整備士ではF35戦闘機のメンテナンスができません。さらに、米軍のレーダー情報などの提供料を含めると総額6兆円以上の予算が必要です。

最新戦闘機F35の購入は、名目上は旧型のファントム機の入れ替えとされていますが、同時に進められていた海上自衛隊のヘリ搭載型護衛艦の建造とスケジュールを合わせています。実は、ヘリ搭載型護衛艦は空母であって、垂直離発着が可能なF35の購入を前提とした計画であったことが分かります。

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/21 14:00

三浦春馬さん SNSで誹謗中傷されていた! 同事務所の賀来賢人が意味深投稿≠焉c
2020年7月18日 gooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年7月18日 gooニュース)

そろそろ、SNSによる誹謗中傷から芸能人を守る必要があるように思います。芸能事務所は、タレントを働かせるだけで、マネージャーの存在自体に意味がないのは明らかです。

本来、類まれな能力(タレント力)を使って芸能に励む人たちは、体力の限界まで表現することが多く、普通より早死にする確率が高いことや精神疾患を患う傾向があります。学者もそうですが、脳を酷使する職業は簡単なことに絶望し、うつ状態になって自殺しやすいと言えます。

それにしても、芸能界には知らされていない過酷な何かがありそうです。長年、芸能人から生命力を奪う組織が存在していることは、韓国でも日本でも有能な芸能人が自殺していることでも明らかです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/18 20:00

IMFが警告、中小企業破綻は3倍増の恐れ−回復停滞や金融不安も
2020年7月16日 Bloombergへのリンク画像です。

(出典:2020年7月16日 Bloomberg)

テレビや新聞など、全ての経済情報は国際金融資本によって勝手に操作されており、私たちはそれに引きずられる毎日を暮らしています。 

今や、どこの国でもカネ次第の力勝負ということもあり、巨大グローバル企業や政治家など権力者の動きをしっかり見なければ政治や経済、金融市場の予測などできません。分かっていることは、彼らはカネを餌に優秀な個人をおびき寄せる手口を使うことです。

「メガ倒産」多発始まったばかり−危険指標「Zスコア」考案者が警告
2020年7月16日 Bloombergへのリンク画像です。

(出典:2020年7月16日 Bloomberg)

つまり、一芸に秀でた個人の能力をカネで買い取ることで、最新技術を自分のモノにするのが常道手段です。最もこの手段を使ってきたのが〇イクロソフト、そして〇ーグルです。これまで、外資系企業は自国政府と組んで、日本の技術を潰してきた歴史があります。

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/18 14:00

新型コロナウイルス国内感染の状況
東洋経済ONLINEへのリンク画像です。

(出典:東洋経済ONLINE)

新型コロナウイルスの緊急事態宣言解除直後(6月1日)から、東京を中心に全国各地でクラスター感染が猛威をふるっています。

連日200人以上の感染者を出している東京都の小池都知事は、「PCR検査数を増やしたから…」と相変わらずの嘘を言っているわけです。データを読めば誰でも分かることですが、PCR検査数の集計方法を変更しただけのことです。

つまり、感染したと気づいて保健所にPCR検査を求めても、未だに政府や自治体は医療崩壊を恐れて追い返しているということです。今回は、20代〜30代の若者が感染拡大の中心になっていることから、3月よりもさらに深刻な事態に陥ることが予想されます。

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/17 20:00

感染拡大、企業自衛に走る 再び出社・出張抑制へ
2020年7月16日 日本経済新聞へのリンク画像です。

(出典:2020年7月16日 日本経済新聞)

政府は、保健所以外の医療機関にPCR検査をさせず、新たな対策がない中で「GoTo トラベルキャンペーン」を実施しました。このままでは、再び「ステイホーム」に逆戻りする可能性があります。

恐れていた感染第2波、正体は感染力を増したG系統
2020年7月15日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年7月15日 Yahooニュース)

具体的には、ヨーロッパに飛行機で行った日本旅行者がG型に感染したようです。突然変異したと思われますが、最近の感染者はアメリカやブラジルで見られるG型が多く、今度こそ東京や首都圏は都市封鎖(ロックダウン)を断行するかもしれません。

そうなると、政府は10万円を振り込むのではなく、いよいよ「ベーシック・インカム」を導入し、誰も働かせない、あるいは働かなくてもいい社会を目指すことになるということです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/17 14:00

子供に「早く死ねばいいのに」と思う母親の理屈
2019年9月25日 	PRESIDENT Onlineへのリンク画像です。

(出典:2019年9月25日 PRESIDENT Online)

現代の親というのは、自分を愛せないので自分の子どもさえ愛せなくなっています。その原因は、学校教育による教育体系と、企業による労働体系にあるわけです。

つまり、学習者や労働者はカネによって時間と空間を歪められたことで、自分を愛せなくなってしまいました。このような概念は、現代文明の根幹に関わることであって、人の時間を奪う教育システムや時間を商品化する経済システムから成り立っています。

金利は、時間的価値である。
fujitsubame.comへのリンク画像です。

(出典:fujitsubame.com)

「時間」という概念は、本来は存在していませんでしたが、時間が存在しているように見せているのが「金利」です。特に、複利による収益を見込んでいることです。金利というのは、未来予想を数値化して取引にしたものです。

要するに、未来を確実に自分の手に入れるためには誰かに家や車をローンで買わせ、その人から時間を奪うことです。ところが、新型コロナで消費がされなくなり、金利そのものが怪しくなってきました。

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/16 20:00

Media and Information Literacy
ユネスコへのリンク画像です。

(出典:ユネスコ)

ついに、テレビを観たり、新聞を読むことをやめる時が来ました。台風や地震速報以外は、マスメディアから離れる必要があります。

今後、質の高い情報だけを手に入れるために、海外(英語や外国語)のあらゆる文書に目を通し、機会があれば専門家に会いに行くなどして、情報リテラシーを身につけていくべきです。私自身、マスメディアの報道記事をリンクした上で、その解説を行っています。

また、たくさんのフォロワーを持つYouTuberやSNS投稿者、マスメディアやジャーナリストなど、「最初から期待するほうが愚か」という段階まで来ています。ある程度のレベルまでリテラシーを上げなければ、見極めることさえできなくなり、命を落とすことになりかねません。

今、日本で起きている本当のこと

2020/7/16 14:00

スペイン風邪 大流行 〜1918年の教訓〜
NHK BSドキュメンタリーへのリンク画像です。

(出典:NHK BSドキュメンタリー)

実は、100年前のスペイン風邪(インフルエンザ)の発生源は、複数あったことが分かっています。当時も、感染拡大が同時に世界中の都市で始まったということです。

そして、感染が同時多発的に発生した世界中の都市とアメリカの軍人との間には共通点がありました。彼らは、米軍基地でインフルエンザ予防接種を受けていたと言われています。つまり、感染させられた軍人がヨーロッパに遠征し、最終的に1人当たり数十万人を殺したということになります。

沖縄で新たに米軍関係者36人感染【15日午後0時半現在】
2020年7月15日 沖縄タイムスへのリンク画像です。

(出典:2020年7月15日 沖縄タイムス)

特に、スペインでの感染拡大が最も多かったため、「スペイン風邪」と呼ばれたわけですが、結局、米軍がヨーロッパに待ちこんだウイルスによってパンデミックを引き起こしたということです。100年経った今も、全く同じことが起きています。