1. ホーム>
  2. ピーター・ヨネナガの今日のメッセージ For ILES
ピーター・ヨネナガの今日のメッセージ For ILES

 

2020年4月後半のメッセージ

日本国民の約3割は、安倍政権による各世帯に役に立たない布マスク2枚という施しを与えてもらって喜んでいるほど洗脳が深いことがわかってきました。

また、感染症に関しては全く門外漢で構成されている厚生労働省・専門家会議に参加している自称専門家たちの無駄な対策と、毎日のように無知を晒し続けているマスメディアによって、国民は殺されかけようとしいています。

3月まで悠長に構えていた国民の恐怖は徐々に高まりつつあり、新型コロナウイルス騒ぎのドサクサを利用し、国民の自由を完全に奪うことができる「緊急事態条項」を憲法に入れようとしています。安倍首相は、間違いなく日本国民に強い殺意を持っていると思われます。

『本日のメッセージ』を読み、考え、行動しなければ、自然淘汰の時代に呑み込まれていくことは確実になったことをお伝えしなければならなくなりました。是非、日々の参考にしていただければ幸いです。

アトラス株式会社CEO ピーター・ヨネナガ

「今日のメッセージ」を初めて読む方は、こちらもお読みください。
   はじめてコラムを読むあなたへ ピーター・ヨネナガからのメッセージ >>>

 

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/29 20:00

NY州の14%に抗体確認、新型コロナで3000人検査
2020年4月24日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年4月24日 Yahooニュース)

4月に入って、アメリカ人の心がかなり荒んでいることが報道記事や友人たちとの電話などで読み取れます。すでに、暴動に発展する瀬戸際まで追い込まれていることが伝わってきます。

トランプ大統領が、パンデミックを煽る専門家やマスメディア(CNNやニューヨークタイムズ)などをフェイクニュース呼ばわりして、ロックダウン(都市封鎖)解除しなければ暴動は起こってしまいます。

アメリカ大統領選挙を11月に控えたトランプ大統領は、第三次世界大戦を引き起こそうとしている軍産複合体に、無自覚のうちに加担させられてしまっているように思います。このままでは、本当にアメリカ経済が崩壊してしまいます。

そのような状況の中、ウォール街や経済界の人々はトランプ大統領に一日でも早くロックダウンを解除させ、経済を立て直したいと考えています。トランプ大統領は、これまで以上に慎重にならざるを得なくなっています。

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/29 14:00

帝国データバンク 新型コロナウイルス関連倒産最新情報
帝国データバンクへのリンク画像です。

(出典:帝国データバンク)

新型コロナウイルスの影響によって、日本各地で「経済縮小ムード」に包まれています。しかし、中国人観光客に頼っていた会社だけが廃業・倒産していくしかないわけです。このような現象は、全てこれまで同胞である日本人をないがしろにしてきたツケが回ってきただけのことです。

英会話スクールに限らず、潰れていくのは古いビジネスモデルか、古い考え方の経営者や社員がいる会社ばかりです。例えば、百貨店などは経営が悪化して閉店し始めています。ところが、食料品だけのスーパーはそこそこ客が入っています。

つまり、古くて、汚い暗い不潔なトイレ施設+品揃えの悪さで経営が悪化したのであって、消費者の需要を汲み取れない経営者と社員の無能さが浮き彫りになっているということです。何もかも、客目線ではなくて経営者目線がそうさせているのが現状です。

今後、清掃やメンテナンスにカネをかけない設計思想を根幹から変えない限り、日本人のメンタリティーは変化することなく、経済が上向くこともないと思います。そして、不動産会社も銀行に勤めている者も大量リストラが待っています。

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/25 20:00

いつの間にか海外在住者100人に1人を超えていた日本。
2019年4月19日 BLOGOSへのリンク画像です。

(出典:2019年4月19日 BLOGOS)

誰でも自分の友人のツテを借りたり、FacebookなどのSNSを使えば、外国に住んでいる日本人を探すことができるほど、今、多くの日本人が海外で暮らすようになりました。

私の場合、20年以上もアメリカで暮らしていたので現地の友人にメールや電話で質問したりしながら、報道されていることを確認することががよくあります。中には在米40年以上の友人もいますが、客観的な事実に基づいて冷静に分析することができる高度な知性を持っています。

今後、日本では「元官僚」や「元会社役員」、「東大卒」「北大卒」など肩書を振りかざして商売する「人間」を信用するべきではありません。彼らこそ、本物の詐欺師であり、あなたの財産を奪おうとしています。そもそも、本物の「人」は決して能力をひけらかさないものです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/25 14:00

「コロナなめたらアカン!」NY在住日本人の警告が430万回再生。水原希子も感謝
2020年4月4日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年4月4日 Yahooニュース)

新型コロナウイルス騒ぎを利用して、一気に登録者を増やそう(カネを儲けよう)としている日本在住の一部ユーチューバーは、在米日本人の動画を「煽り系のフェイク情報」と決めつけています。

そのおかげで、世間知らずで情報リテラシーの低い10代・20代のユーチューブ視聴者が、悪質な彼らに多くの「いいね」をつけ、チャンネル登録しているわけです。

しかし、こうした悪質なユーチューバーこそ、むしろ事実よりも感覚や情動に訴えて人々を迷い道に誘い込んでいることは明らかで、私たちは十分警戒する必要があります。

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/24 20:00

IMF「国際金融安定報告書」を公表。リーマンショックの1.5倍速で資金流出、新興国発「コロナ債務危機」の懸念も
2020年4月23日 BUSINESS INSIDERへのリンク画像です。

(出典:2020年4月23日 BUSINESS INSIDER)

これほど酷い安倍政権が、なぜここまで持ちこたえることができているのか、不思議に思わないほうがどうかしているように思います。

安倍政権に与えられたミッションは、安倍首相が自覚している/していないに関わらず、日本を完膚なきまでに破壊し、欧米の国際金融資本(巨大投資銀行)が日本の大企業を買い叩くことができるようにすることです。

自民党は、そのために75年前からCIAの資金によって育成されてきました。いよいよ日本政府は日本銀行(欧米の大企業)のものになり、民間資本が政府に流れこんで、日本政府そのものが消滅していくというわけです。

日本国民の誰もが望まないシナリオではありますが、このままでは日本政府の民営化が始まってしまいます。これを乗り切る方法を考え、今から準備しておくべきです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/24 14:00

田中貴金属 金価格推移
田中貴金属へのリンク画像です。

(出典:田中貴金属)

5年以上前から、私はまだ1グラム3000円台であった金(ゴールド)価格が高騰すると伝えてきました。それは、紙幣を銀行に預金するだけはなく、一部だけでも金(ゴールド)の現物に換えて備えておく必要があったからです。

このことは、決して投資によって儲けるといったものではなく、自分や自分の家族を守るために行うことであるわけです。特に、安倍政権下ではこの8年間、真面目に努力しても報われない人が大勢います。

そんな人たちを少しでも助けるために必要なのが、現物の「正貨(王様の通貨)」を持つことです。しかし、一部の人たちにしか聞いてもらえず、現在の金(ゴールド)価格は、1グラム当たり6500円を超えてきました。

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/23 20:00

[新型コロナウイルス] クラスター対策班最前線からのメッセージ | 押谷仁教授西浦博教授 | NHKスペシャル | NHK

(出典:2020年4月15日 Youtube:NHK)

鈴木直道・北海道知事が怒りの緊急警告「このままでは最悪の“第3波”が日本を襲う」
2020年4月15日 NHK NスペPlusへのリンク画像です。

(出典:2020年4月15日 NHK NスペPlus)

NHKは、シリーズ特番「新型コロナウイルス 瀬戸際の攻防〜感染拡大阻止最前線から報告」を何度も再放送しています。

特に、「クラスター対策班最前線からのメッセージ | 押谷仁教授西浦博教授」は、日本の破滅的な未来を描き出しています。彼らは、「感染爆発の第二波が襲ってきた場合、一気に感染が拡大し、簡単に医療崩壊を起こす」と警告しています。

それでも、押谷教授や西浦教授は、国民に過剰な恐怖を与えないようにと、最大限の配慮をしながら警告していることが読み取れます。しかし、日本は医療先進国であるために、医療を崩壊させずに「集団免疫」を獲得する道を選ぶしか選択肢がなくなってしまいました。

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/23 14:00

鈴木直道・北海道知事が怒りの緊急警告「このままでは最悪の“第3波”が日本を襲う」
2020年4月16日 文春オンラインへのリンク画像です。

(出典:2020年4月16日 文春オンライン)

鈴木・北海道知事が、「第三波が日本列島を襲う」と強い口調で記者会見に臨んだのは、安倍政権の適当な政策を見て、このままでは確実に日本が破滅すると気づいたからです。

私たち道民も、わずか10万円の一律支給で「我が国の支援は世界で最も手厚い…」などと、兵器で嘘を言う安倍首相の態度を見ると、感染の恐怖どころか、本当に餓死する可能性さえ想像してしまいます。

また、テレビ番組の内容や新聞記者たちの幼稚さも、安倍首相と同じように変化を感じないことから、日本の崩壊は「確定した」と断言しなければならなくなったようです。今、本当に世界で起きていることは、ある組織が10年以上前に計画されていたシナリオを実行しているだけのことです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/22 20:00

予想外にお金がかかる田舎暮らしの現実。移住したら生活が苦しくなるかも!?
2020年4月9日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年4月9日 Yahooニュース)

もう時間はそんなに残されていないように思います。わかる人だけに伝えておきますが、ただちに、首都圏や関西圏、中部圏、そして福岡県から離れておく必要があるように思われます。

地方には空き家がたくさんあり、安い価格で一戸建てが手に入るわけです。100万円以下で家が買える人なら余計な保証人など必要ありません。地方では、賃貸住宅が極度に少ないので、リフォームしながら住むのが普通です。

ただし、災害に弱い場所も多いため、移住選定時に地勢や地脈、そして災害対応性などの視点から総合的に判断することが求められます。国道や線路から離れた場所や、現地の人たちのクセを見抜く目も必要です。いずれにしても、生き残るための準備ということです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/22 14:00

武漢の封鎖、77日ぶり解除 列車で5.5万人が市外へ
2020年4月8日 朝日新聞へのリンク画像です。

(出典:2020年4月8日 朝日新聞)

新型コロナウイルスには、なんだか感情があるかのように人を欺く能力があります。なぜかと言えば、油断すると速いスピードで感染爆発するからです。

1920年のスペイン風邪と同様に、第二波は第一波より致死率が高い可能性があります。それでも、一時的にピークを打ったように見える局面がやってきますが、それは感染爆発の第二波、第三波のエネルギーを蓄えるためです。

再び、中国全土でウイルスが復活し、爆発的に増えている症状が出ていない感染者と経済活動の強引な再開などによって第二波が襲ってくるというわけです。現在、彼らの多くが症状がない感染者であり、中国全土で感染させています。そして、そのうちの何百人は日本に観光しに来ると思われます。

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/21 20:00

メディアを買った富豪たちと、買われたメディアのマトリクス
2016年6月12日 WIREDへのリンク画像です。

(出典:2016年6月12日 WIRED)

今も昔も、支配層というのは、まずはマスメディアそのものをカネで買収し、次に人受けするタレント性を持つ学者やコメンテーター、そして芸能人の頬を札束で叩きながら、人々をマインド・コントロールしてきたわけです。

彼らは、人々が考える真実をコントロールし、ある程度確定した事実を自分たちにとって都合のいいように「新しい事実」に置き換えようとする傾向があります。私たちは、毎日そうした現場をテレビを通じて見せられ続けています。

イベント開催 厚労省文書「難解」 「必要性検討を」だが「一律自粛求めず」…?
2020年2月22日 東京新聞へのリンク画像です。

(出典:2020年2月22日 東京新聞)

例えば、テレビ朝日の「朝まで生テレビ」は元官僚出身者で固められたテレビ公開討論会ですが、理解不能な怪しい専門用語が出てきます。また、日曜日午後に放送されている読売テレビの「ここまで言って委員会」も内輪だけで盛り上がっているだけの公開討論会もあります。

そこでは、いわゆる「霞が関文学」を使って少しずつ論点をズラしながら、大衆を一定方向に誘導しようとしてきた官僚時代の片鱗が見えてきます。

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/21 14:00

中国の軍事的挑発に「極めてけしからん」と河野防衛相
2020年4月13日 産経新聞へのリンク画像です。

(出典:2020年4月13日 産経新聞)

NHKや読売新聞のような安倍政権の「広報機関」とは、中国共産党やアメリカの軍産複合体(CIA)が背後でコントロールしているという意味があります。

NHKは公共放送ですが、「反・自民党」や「親中派」へと何度も態度を変えるのには理由があります。それは、NHK内では中国とアメリカとの代理戦争(情報戦)が起きているからです。

米CIAが各国の外交公電など解読
2020年2月13日 日テレNEWS24へのリンク画像です。

(出典:2020年2月13日 日テレNEWS24)

マスメディアの本質というのは、事実はなく、あるのは解釈だけということです。中国共産党のスパイが勤務するNHKや、CIAエージェントが巣くう読売新聞などは、すでにメディアとして機能していないのが現状です。

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/18 18:00

信じやすい50〜60代は要注意!新型コロナのフェイクニュースを見分ける方法
2020年4月14日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年4月14日 Yahooニュース)

日本の政治家や学者、テレビのコメンテーターたちが、再びテレビや新聞などで「マスメディアには真実がない」と言うようになりました。

2016年のアメリカ大統領選挙でトランプ大統領が「フェイク・ニュース」と連日のように連呼するようになって以来、欧米人のマスメディアに対する不信感は、「フェイク・ニュース」によって一定の方向感を持つようになりました。

しかし、未だにマスメディアは事実を報道していないわけです。そこで、世界中の人々はSNSに「真実」を求めるようになり、これまでマスメディアの嘘に翻弄されてきたと思う人ほど、一般市民の生活情報にこそ「事実」があると思い込んでいます。

SNSでは「新しい事実」が次々と出てきますが、「本物の事実」さえも見落とすようになりました。もはや、SNSユーザーにとって「本物の事実」はそれほど意味がなく、「情報リテラシー」を持たないために自分に都合が良い情報かどうかで判断しているだけです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/18 14:00

蚊は新型コロナウイルスを媒介しない=研究者
2020年4月6日 SPUTNIKへのリンク画像です。

(出典:2020年4月6日 SPUTNIK)

春になって暖かくなり、家の中にも蚊が飛び回る季節となりました。日本各地では、無数の感染者の血を吸った蚊による新型コロナウイルスの感染が疑われています。

また、あまりにも都合が悪いので誰も言及しませんが、日本のウイルス(感染症)学会で指摘されたように、中国からの黄砂にウイルスが付着しており、日本の国土に大量のウイルスが撒き散らされているという実態があります。

黄砂、PM2・5…飛来物にウイルスは付着するの?
2020年3月21日 西日本新聞へのリンク画像です。

(出典:2020年3月21日 西日本新聞)

新型コロナについても同様のケースについて考える必要がありますが、果たして本当に蚊が媒介になったり、日本海を渡ってきた黄砂に混じった新型コロナウイルスは感染源になるのでしょうか?

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/17 20:00

Boris Johnson Will Spend 2nd Night In The ICU
2020年4月7日 ZeroHedgeへのリンク画像です。

(出典:2020年4月7日 ZeroHedge)

「集団免疫策」を始めようとしたイギリスのジョンソン首相は、感染して集中治療室に入院していましたが、実は肺炎ではなかったと発表されています。

肺炎ではないのに集中治療室に入った理由として考えられるのが、集団免疫策を実施しようとしして諜報機関に暗殺されかけたことです。先に手を打って暗殺を回避したか、あるいは同情を買うために演出したか、です。

ジョンソン首相が回復したのであれば、一旦棚上げした集団免疫策をいずれ再開する可能性があります。ワクチンが完成していない現状では、今のところ集団免疫の獲得しか解決策がありません。

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/17 14:00

都市封鎖をチラつかせるだけで、本当に「コロナ収束」ができるのか
2020年4月13日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年4月13日 Yahooニュース)

「集団免疫策」については、マスメディアなどで詳しい内容が報じられていましたが、4月7日に「緊急事態宣言」が出されてからは何も言わなくなっています。欧米諸国では、抗体検査を始めるようになり、一旦、集団免疫策を棚上げしたように見えます。

その代わりに、欧米諸国では感染拡大防止策として徹底的な都市閉鎖(ロックダウン)を始めましたが、都市閉鎖は感染拡大を先送りするだけで、中国・武漢市のように閉鎖を解いたら感染が再発していることから、問題解決策にならないことは明らかです。

基本的に、「都市封鎖策」や「外出自粛策」は解決策にはなりませんが、経済活動を停止させれば世界大恐慌に突入するので、世界各国の中央銀行の破綻を加速させることができるメリットがあります。

つまり、感染拡大を解決することが目的でなく、基軸通貨の米ドルを中心にした金融システムを破綻に追い込むための「世界統一政府」による国際的な戦略であると考えられます。

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/16 20:00

「事業者に直接補償する国はない」の政府答弁はフェイクニュース!?報道機関なぜチェックしないのか
2020年4月14日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年4月14日 Yahooニュース)

日本政府が、刻一刻と迫っている日本経済の破滅を本気で防ごうとすれば、首相官邸主導の「新型コロナ対策チーム」を解散させるべきです。

そして、世界トップクラスの感染症対策の専門医と物理学者、そしてプログラミングとデータ分析のプロフェッショナルを加えたタスクフォースに置き換え必要がありそうです。

新型コロナウイルス感染症対策テックチーム
2020年4月6日 政府CIOポータルへのリンク画像です。

(出典:2020年4月6日 政府CIOポータル)

実際に、NHKの特別番組を観ていると、首相官邸主導で集団クラスターを何とか抑え込もうとする専門家たちは麻痺状態寸前まで追い込まれています。しかし、安倍政権の閣僚や厚労省官僚たちは、国民の命を救うことに興味を失いつつあるようです。

西村康稔経済再生担当大臣に、なぜ新型コロナ対策担当大臣を兼務させているのか、国際社会から好奇の目で見られていることを知らないのでしょうか?

今、日本で起きている本当のこと

2020/4/16 14:00

武漢空港の混乱と歓喜、11週ぶりロックダウン解除で大脱出
2020年4月8日 Bloombergへのリンク画像です。

(出典:2020年4月8日 Bloomberg)

この瞬間、約10万人が武漢から中国各地へ移動し始めています。そして、5月には少量のウイルスに感染している大量の中国人観光客が日本に来ることになります。

武漢住民からの“自粛ストレスに効く”アドバイス ロックダウンされたら、「アレ」を毎日つけましょう
2020年4月3日 COURRIERへのリンク画像です。

(出典:2020年4月3日 COURRIER)

中国の都市封鎖(ロックダウン)では、住民はスマホで管理されており、バスや電車に乗る時はバーコード(二次元空間)でスキャンしないと乗れないようです。一方、ヨーロッパ諸国でも、中国と同じように管理されつつあります。

近い将来、人類の多くは新型コロナウイルスで使い物にならなくなり、肉体(三次元空間)を捨てて魂だけが永遠に生きていく世界に向かうというわけです。だから、多くの若者たちがゲームという4次元空間の世界に親しみを持っていると言えます。