1. ホーム>
  2. ピーター・ヨネナガの今日のメッセージ For ILES
ピーター・ヨネナガの今日のメッセージ For ILES

 

2020年3月前半のメッセージ

今、ほとんどの日本の政治家や学者、そして記者たちは、中国政府やアメリカの感染症研究所(CDC)が報道する情報をそのままコピー&ペーストするなどして、テレビや新聞は頼っているだけです。

この方法では、永遠に真相に到達することはできないばかりでなく、私たちに命の危険が迫ることにもなります。私は、すでに数年前にこのような状況になることを予測していましたが、マスメディアに洗脳された人々に、それを伝えることは至難の業となっていのが現状です。

今、私たち日本人に必要なことは、昔、日本人が持っていたはずの「霊性」を取り戻すことです。霊性とは、トレーニングなどによって身につく能力ではなく、まずは社会的に自己肯定をやめることで人知を超える時代であることを感じることができる能力のことです。

『本日のメッセージ』を読み、考え、行動しなければ、自然淘汰の時代に呑み込まれていくことは確実になったことをお伝えしなければならなくなりました。是非、日々の参考にしていただければ幸いです。

アトラス株式会社CEO ピーター・ヨネナガ

「今日のメッセージ」を初めて読む方は、こちらもお読みください。
   はじめてコラムを読むあなたへ ピーター・ヨネナガからのメッセージ >>>

 

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/14 14:00

イタリア、新型コロナの感染者1万人超え 中国が医師団派遣へ
2020年3月11日 時事通信へのリンク画像です。

(出典:2020年3月11日 時事通信)

中国共産党は、武漢での感染ピークに対応した中国人医師団をイタリアに派遣することで合意したようです。また、中国からはマスクや人工呼吸器、防護服なども届く予定であると報じられています。

そもそもの発端は、中国人観光客が現地の住民に感染させたからなのですが、自分たちが感染させておきながら恩恵と称しているわけです。中国共産党は、マスクで一帯一路を目指すつもりです。

さすがにタダでは起きないのが中国共産党ですが、WHO(世界保健機関)を買収しているだけはなく、中国国内での感染率と致死率が低下し始めたのでテドロス事務局長に「パンデミック宣言」を出させたのでしょうか?

私は、終息が見えてきた中国国内で、欧米の諜報機関は第2次攻撃として今度は致死率がさらに高い「エボラウイルス」をばら撒く可能性があると見えています。また、中国からの軍事攻撃の予兆が高まっています。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/13 20:00

ヨーロッパでポピュリズムへの反省が始まった?
2019年10月5日 Newsweekへのリンク画像です。

(出典:2019年10月5日 Newsweek)

中国・武漢やイラン、そしてイタリアで蔓延しているのは初期型のコロナウイルスであり、このウイルス株の特徴は致死率が非常に高いことです。

実際に、中国・武漢は約4%、イランは約3%、そしてイタリアも約4%と、かなり高い死亡率となっています。ちなみに、日本は0.1%以下です。また、アメリカの死亡率が一見高いのは高齢者の間で感染が広がったからであるように思われます。

そのような状況の中、イランの致死率が低下しつつあります。イランの副大統領や健康省(大臣)など政府要人が感染したのは、国会議事堂で欧米の諜報機関がウイルスをばら撒いたからであると思われます。

実は、中国共産党の要人が多く感染しているという非公開情報もあり、彼らの多くが直接湖北省に出張しているというわけです。一方、イタリアは感染者の多くが北部の村が中心であることから、目的がはっきりしていません。

北部同盟など、反EU(欧州連合)の選挙区ではありますが、EUに反対する有権者を狙ってウイルスをばら撒いたのでしょうか?「新世界秩序」には邪魔な人間がいたのでしょうか?

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/13 14:00

WHO、新型ウイルス感染拡大は「パンデミック」 積極的な対応呼びかけ
2020年3月13日 BBCへのリンク画像です。

(出典:2020年3月13日 BBC)

3月11日、WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は、新型コロナウイスルのパンデミックを宣言しました。1週間前には「新型コロナウイルスとの闘いは、未知の領域に入った」と述べ、そこからパンデミック(世界流行)に発展し、後は自然に消えるまでは何も手が打てないということになります。

WHOの言葉を信じないのはなぜ?:「新型コロナ感染予防にマスク着用不要」:私たちとヤフコメ民と情報
2020年3月1日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年3月1日 Yahooニュース)

彼が言ったことで一つだけ正しいことがあります。英語ネイティブではないので英語表現に問題があるにしても、「感染予防のためのマスクはもはや不要」の言葉はその通りです。実は、ウイルス自体は、コレラ菌などとは異なり極小サイズですが、唾液で粒子が大きくなっているので、咳やくしゃみなどの飛沫以外では遠くまで飛ばなくなっています。

しかし、その飛沫が床に落ちて乾燥し、水分が蒸発して粒子が軽くなった時に室内を舞うようになって空気感染が起こるというわけです。例えば、北海道北見市の住宅機器関連の展示場の床に掃除機をかけて掃除をする係の方が空気を舞い上げてしまったかもしれません。

今後、ウイルスの空気感染を防ぐために、正しい想像力を働かせることが必要になってくるということです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/12 20:00

新型コロナで政治家の言葉に“心”を感じない理由 作家・下重暁子が分析
2020年3月6日 ASAHI.dotへのリンク画像です。

(出典:2020年3月6日 ASAHI.dot)

今後、政治家など権力者による発言の多くが、国民が信用できないような「情報」となり、社会がますます不確定化していくのは明らかです。日本では、2011年の東日本大震災から不確定化していますが、コロナウイルス危機によって、その傾向がさらに増しています。

日本人の多くが、自分が発症せず元気でいられるかどうか不確定な状態になりつつあります。だからこそ、権力者による情報の押し売りが強くなり、個人の言論に対する取り締まりが強まっています。つまり、重要なことの真偽が不確定になるほど、上からの真偽の決定力が強くなるわけです。

今、起きている株価の暴落は金融危機の序盤戦であり、株価の暴落よりも恐ろしい社債の暴落(金利高騰)の前兆が見え始めています。米国債の金利は史上最安値ですが、社債の金利は上昇し始めています。

今、北海道で起きている本当のこと

2020/3/12 17:00

「ブロック経済」とは?自国を守るための政策と背景を簡単に解説
2019年6月26日 TRANS Biz.へのリンク画像です。

(出典:2019年6月26日 TRANS Biz.)

札幌にある大学病院に勤める友人の医師は、「人類の多くが感染すると思う。早めに感染して体内に抗体を作ったほうがまだマシ。何度も感染したとしても抗体があるので悪いことではない…」と話しています。

また、「新型コロナウイルスのDNAには、自然界にない塩基配列の部分があり、自然にできたのでなくウイルス研究所の実験室で作られたものだと思う…」と述べていました。彼は、私のコラムを読んだことは一度もない、と述べています。

今後、人類の70%以上が感染するまでコロナウイルス危機は続き、ワクチンなどの予防策が出てこない限りはこれから1年半ほど続くことになりそうです。その間、諸外国への移動が制限され、サービス業や飲食業、観光業、交通、そして学校など、多くの産業や社会機能が制限され、世界経済に大打撃を与えるものと考えられます。

要するに、グローバリゼーションの経済モデルが劇的に終わるを告げ、金融危機が大幅に進行し、いよいよ米ドルを基軸通貨としているアメリカの覇権体制が終わるというわけです。まだ始まったばかりですが、来年2021年はさらに厳しい生活を余儀なくされると思います。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/12 14:00

「パニックにならないで」 英でもトイレットペーパー買い占め、供給は十分と
2020年3月11日 BBCへのリンク画像です。

(出典:2020年3月11日 BBC)

日本政府もマスメディアも、経済が止まることを恐れてなかなか事実を発表しないため、国民の警戒心と不安はネガティブな方向に向いてしまっています。

例えば、ドラッグストアでマスクが買えないからと暴力事件を起こしたり、トイレットペーパーやコメなど食料品の買い占めによって、何倍もの高値で転売するという者が出てきてしまう、といったことです。

福島原発メルトダウンの際にも、放射性物質の拡散を当時の民主党政権は隠ぺいしたことで、国民の間に恐怖が広がり、全国的な暴動に発展してしまう寸前まで来ていました。これは、すでに世界各地で起こり始めています。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/11 20:00

新型コロナで重篤、20人が人工心肺必要に…4人は快方へ
2020年3月7日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年3月7日 Yahooニュース)

中国に続いて、韓国も感染者の封じ込めに成功しつつあるようです。両国とも戦争中の国ですが、平和ボケの日本政府とは異なり、権力者は非常事態時の権力の使い方を知っており、国民もその意味を知っていると思われます。

当分、日本国民は国民皆保険制度に依存して生きているので、国民がそう簡単に命を落とすこともありません。ただし、デフォルト(国家債務不履行)まではほとんどの日本人サラリーマンは気づかないまま破綻を迎えることになりそうです。

【感染抑制】新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を不活性化するダチョウ抗体*スプレーの開発に成功
2020年3月9日 PR Timesへのリンク画像です。

(出典:2020年3月9日 PR Times)

ついに、日本でも抗体製剤が成功したようです。ただし、消毒用なので注射はできません。この抗薬剤をマスクに付着させることで効果があるものと思われます。これから、簡易検査が簡単にできるようになります。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/11 17:00

若者が感染拡大のもと?「根拠はないが、説明つかない」
2020年3月3日 朝日新聞へのリンク画像です。

(出典:2020年3月3日 朝日新聞)

日本では、空気感染による集団感染と、人間同士の不信から起きる社会秩序が危ぶまれる事態に向かっているように思います。

しかし、日本政府は未だに新型コロナウイルスに関する詳しい情報を公開せずに、「手洗いとうがいの励行と栄養と睡眠を十分とって免疫を高めること」を繰り返すだけです。9年前の東日本大震災の時も、「政府の専門家(?)」が出てきて「正しく怖がること」を推奨していたのを思い出しました。

ただ、日本政府が正しい見解を示さないのですから、正しく怖がることさえできないというわけです。こうした御用ジャーナリストや学者たちの目的は、「デマの拡散」を防いで政府の無能と矛盾を国民に悟らせないようにすることです。

ところが、それを優先することで結局、政府の専門家(?)たちの隠ぺいがデマを広げる最大の原因になってしまうのは、福島第一原発の核災害の時と全く同じです。日本では、いつも国民の命は二の次であるということです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/11 14:00

中韓からの入国制限発動 2週間待機要請、邦人も―新型コロナ
2020年3月9日 時事通信へのリンク画像です。

(出典:2020年3月9日 時事通信)

 

韓国、邦人ビザ免除停止で対抗 日本の入国制限強化、対立深刻に
2020年3月6日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年3月6日 Yahooニュース)

自民党では、2つの売国勢力が権力闘争を繰り返しています。安倍派では、イギリスとアメリカに日本の富を売りさばいていますが、中国に日本の時を売りさばいて儲けているのが二階派です。

日本の政治では、この2つの間で綱引きが起こっているわけですが、習近平主席の訪日が延期されてからというもの、急に中国と韓国からの入国制限を発動しました。私は、どちらの売国派閥も結局、自滅していくように見えています。

四分五裂の日本ですが、このような売国奴の政治家たちが互いに権力闘争を始めるとさらに分裂が進んでいくわけです。日本政治家たちは、欧米の権力者たちに狭い檻の中に入れられて殺し合いをしています。

犬やキツネ、タヌキに似ている日本の政治家たちは権力に飢えており、欧米人のグローバルエリートが肉を放りこんで殺し合いを上から見ているというのが日本の現実です。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/10 20:00

世界銀行、パンデミック緊急ファシリティによる5億ドルの支援を資金面で支える史上初の感染症債を発行
2017年6月28日 THE WORLD BANKへのリンク画像です。

(出典:2017年6月28日 THE WORLD BANK)

世界銀行が発行した救済目的の債券の満期が2020年6月28日ということで、世界中で感染が拡大して誰もがパンデミックであると認めざるを得ない事態に陥っても、WHO(世界保健機関)は7月までは決してパンデミック宣言を行わず、このまま放置状態にしておく予定でいます。

なぜかと言えば、2017年6月28日に世界銀行が発行した慈善的な債券=CATボンド (災害債)は、世界銀行が指定した77か国のどこかでパンデミックが発生したと宣伝してしまうと、投資してくれた富裕層たちに償還できなくなるからです。

投資家たちは、今度のCATボンドの資金規模は500億円という世界銀行としては規模が大きいので、6月28日まではWHOはパンデミック宣言を行わないのではないかと見ています。結局、WHOは「命」ではなく「金」を選んだわけです。いずれにしても、7月は要注意です。

今、北海道で起きている本当のこと

2020/3/10 17:00

HBC 北海道内の感染者数
HBC 新型コロナウイルス道内情報へのリンク画像です。

(出典:HBC 新型コロナウイルス道内情報)

日本で最も北海道に感染者が多い理由として考えられるのは、中国人が自分の保有している別荘に遊びにきていたからです。

中国本土では共産党が支配しているため、土地の所有はなく使用権のみとなっています。だからこそ、中国人の多くは自分が所有できる土地を外国で探しているわけです。その代表とも言える外国が日本ですが、カナダやオーストラリアでは中国人の不動産売買を制限しています。

ルスツリゾートのIR問題で明らかになったように、賄賂を渡せば土地を買えるのが日本です。安倍首相や二階幹事長など、自国を売りさばく商売上手の売国奴政治家ばかりが政権内にいますが、自分の懐にカネが入れば何でもよいわけです。

米ドルやユーロ、ポンド、そして人民元であろうとお構いなしで、一昔前の日本人のように裕福な中国人の代ではリゾートに行くことがブームのようです。こうなってしまったのは、約500年前のキリシタン大名によるローマカトリック教会(バチカン)侵略以来のことです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/10 14:00

浙江省でも封城 感染拡大の温州市で市民と警察が衝突
2020年2月5日 NTD TVへのリンク画像です。

(出典:2020年2月5日 NTD TV)

浙江省温州市では、住民と警察との衝突が起こっており、流血の惨事となっていると報道されています。現在、中国で封鎖されている都市は100以上でこれから全国各地で同じようなことが起こると思われます。

要するに、世界各国の政府やマスメディアが言いたいことは、「新型コロナウイルスの蔓延を防ぐ方法などない」ということです。だから、世界中の人々の関心はワクチンがいつ頃開発されるのか、です。

中国の保健当局が発表する感染者数、死亡者数がねつ造であることは世界中の誰もが知っていますが、日本国民の多くも安倍政権や厚労省が発表する数字についても、信じていないように思います。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/7 20:00

イラン新型コロナ感染者が急増 2300人超、死者77人に
2020年3月3日 TBS NEWSへのリンク画像です。

(出典:2020年3月3日 TBS NEWS)

現在、イランで新型コロナウイルスの感染者と死者が突出しています。初期型の致死率であるため、私は諜報機関CIAやモサド、あるいはイギリスやアメリカ軍の特殊部隊が中国・武漢とは別にばら撒いたものと考えています。

実際に、中国の中央部に位置する武漢を初期型で攻撃し、自然に中期型(湖北省以外の中国)から末期型になって、そこから世界各国にゆっくりと拡散しながら徐々に時間が経って終息するというわけです。

その上で、リアリティーが感じられるように韓国とイタリアに中期型の少し強度性のあるウイルス株が使われた可能性があります。つまり、全世界の人々を敵にしたウイルス兵器であるということです。

今後、第2波、第3波を仕掛けられる恐れがあります。4月になると、末期型に移行したタイミングを見計らって、テレビ局や新聞社などマスメディアで人々を誘導していくわけです。これを使って、様々な社会工学的転換を企てようとしているのが、いわゆる「アングロサクソン・ミッション」です。

今、北海道で起きている本当のこと

2020/3/7 17:00

北海道新たに5人感染 展示会参加で集団感染“クラスター”か
2020年3月2日 NHK NEWS WEBへのリンク画像です。

(出典:2020年3月2日 NHK NEWS WEB)

新型コロナウイルスは、「空気感染」することがわかりました。いわゆる「クラスター感染(集団感染)」については、北海道北見市で開催された住宅関連機器の展示場での集団感染によって証明されてしまいました。

中でも深刻なのは、バスなど密閉感の高い狭い空間での感染だけではなく、住宅関連機器の展示場といった広い空間でも空気感染が起こったということです。要するに、新型コロナウイルスは、広い空間に広く行きわたって、そこにいる人に感染するということです。

新型肺炎、3割が集団感染 クラスター9カ所、共同通信集計
2020年3月3日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年3月3日 Yahooニュース)

クラスター感染(集団感染)は、「1人から同時に4人以上が感染するケース」と定義されていますが、今頃になって、日本国内で感染した方の3割がクラスター感染によるものであることが調査によって判明しました。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/7 14:00

新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(6日午前2時時点)
2020年3月6日 AFP BB NEWSへのリンク画像です。

(出典:2020年3月6日 AFP BB NEWS)

日本の新型コロナウイルスの感染方法が、明らかに韓国やイタリアとは異なっているのがわかります。

10代から30代までほとんどの人が感染者しているはずですが、日本各地ではそれほど症状が表に出ていません。すでに弱毒化していることや、厚労省がほとんど検査していないこともありますが、ちょうど花粉症の季節であることも考えられます。

花粉症の起こり始めである3月は、マスク装着率が高く、WHO(世界保健機関)はマスクを重要視していませんが、風邪の予防には極めて有効であることは明らかです。ただの風邪であっても、マスクなしでは他者にうつす可能性があります。

先日、韓国に数時間滞在しましたが、日本よりもマスクをしている人が多いという印象を受けました。私は、マスクがあると感染しないということではないですが、かなり軽減していると考えています。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/6 20:00

習近平主席「4月国賓来日」を安倍政権が断った止むを得ない事情
2020年3月3日 現代ビジネスへのリンク画像です。

(出典:2020年3月3日 現代ビジネス)

安倍首相は、真の意味における自国防衛のため、日本の核武装を実現しなければ意味がないと、アメリカに面従腹背の姿勢を貫きながら虎視眈々と日本独立の機会をうかがっています。

それに対して、ドナルド・トランプは大統領というよりはビジネスマンであるため、彼が米軍の兵器庫にたまっている在庫を一掃するために日本に戦闘機やミサイルを押し付けている政策に我慢がならなくなっています。

そして、おそらくですが安倍首相は11月のアメリカ大統領選でトランプが敗北する方に賭けているため、そうなれば中国寄りの政策をとる民主党で社会主義者のバーニー・サンダース候補は、財政難から日米同盟の破棄を通達してくるかも知れないと考えているように思われます。

最悪の場合、どうにもいかなくなった日本に対して中国が日本を攻撃するために核ミサイルを使用するかも知れないので、中国の習近平主席を何とか懐柔するため、国賓待遇として迎えて天皇に謁見できるという栄誉を与えることで何とか中国の暴発を抑えようとしています。

今、北海道で起きている本当のこと

2020/3/6 17:00

北海道の観光消費2000億円失われるおそれ
2020年3月6日 NHK NEWS WEBへのリンク画像です。

(出典:2020年3月6日 NHK NEWS WEB)

北海道は、新型コロナウイルスの影響が長引けば、1月〜6月の観光消費が2000億円失われるおそれがあるという試算を発表しました。昨年10月の消費税増税を発端にした日本経済の減退が、新型コロナウイルスによって拍車を掛けられたということです。

日本で広まっている新型コロナウイルスは弱毒化の傾向が進んでいますが、感染終息は未だ見えていません。安倍首相が瀬戸際とした2週間で区切りがつくとは考えるべきではないでしょう。

しかし、経済の悪化に対抗するべき財政出動を安倍政権は一切やっていないことが何より問題です。さらに、その裏で最長2年は私権が制限できる緊急事態宣言を含む、新型コロナウイルス特措法の制定を急いでいることに、日本国民はもっと危機感を持つべきです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/6 14:00

新型コロナウイルスよりも怖いもの
2020年3月4日 FNN PRIMEへのリンク画像です。

(出典:2020年3月4日 FNN PRIME)

新型コロナウイルスで多くの感染者数と死者数を出した中国や、今進行中のイランとは大きく異なり、日本では大騒ぎしているようですが、あまりにウイルスが弱毒化しています。

普通の風邪よりも少し強いだけで、ワイドショーなどを観ると奇妙な感じを受けてしまいます。彼らは、一体何を恐れているのかわかりませんが、検査数が少なすぎて何もわからないのが現状です。

問題の根幹は、安倍政権と厚労省がきちんと計画を立てて行動していないことです。実際に、ウイルス検査能力が1ヵ月経っても未だに身についていないわけです。先進国である日本にとって、有るまじき不思議な事態であることは明らかです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/5 20:00

中国当局が、日本人を「スパイ罪」で続々と実刑判決にしていた!
2018年7月19日 現代ビジネスへのリンク画像です。

(出典:2018年7月19日 現代ビジネス)

2018年に起きた、愛知県の男性(当時54歳)と神奈川県の男性(当時57歳)が、2015年から中国でスパイ活動を行っていたとして中国当局に逮捕され、懲役5年から12年の実刑判決を受けています。

中国の法定での公判は非公開で行われたため、この2人がどのような罪で逮捕され、下された刑罰が適当かどうか考える機会さえ、私たち日本人には知らされることはないのが現状です。

自民党や外務省も、形式的に抗議したただけで全ては闇に葬られています。日本が民主主義の国というのは実は幻想で、マスメディアによる洗脳活動が功を奏しているためか、未だにほとんどの日本国民はこれから起きることに気が付いていないようです。

今、北海道で起きている本当のこと

2020/3/5 17:00

北海道の植民地化を着々と進める中国
2019年12月30日 BIGLOBEへのリンク画像です。

(出典:2019年12月30日 BIGLOBE)

北海道虻田郡留寿都村の統合型リゾート誘致推進協議会には、中国から大勢の中国人を受け入れるよう要請が来ていることが明らかになりました。

実際に、北海道は中国人に乗っ取られそうになっていますが、特に2012年頃から観光客だけではなく、札幌市内に住んでいる中国人がものすごい勢いで増えているのを見るたびに、札幌に住んでいる私でさえ危機感を覚えています。

中国共産党のよる「超限戦」には、毛沢東のゲリラ戦や非対称戦といった戦術的な考えが、その発想の源にあります。敵はあくまでも国際金融資本であり、欧州の王族ネットワークであり、アメリカが推進しようとしている新世界秩序(NWO)です。

しかし、中国共産党は彼らに決して勝てないと心得ているため、「超限戦」という中国人民の全てを「工作活動」に駆り出し、アメリカに反対するロビー活動や、今回カネのつながりが明らかになったWHO(世界保健機関)、他の国連機関に多額の工作費を割いて懐柔しようとしているわけです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/5 14:00

「小中高休校」の賭けに出た安倍首相、異例の政治決断の舞台裏
2020年3月2日 日経ビジネスへのリンク画像です。

(出典:2020年3月2日 日経ビジネス)

安倍首相が、様々な組織から叩かれ始めています。これまで散々やりたい放題をしてきた罰であるわけですが、不思議なことにこれまで安倍首相のデタラメに異を唱える人は少なかったのが現状です。

今回の決断は正しいと思われますが、甚だ異を唱える人が多くなっています。私は、小・中・高校は休校にしたのは正しいと考えています。中には、休校にする必要がない感染者ゼロの地方もありますが、安倍首相の目には大都市しか目に入っていないようです。

いずれにしても、東京の複雑な感染経路を断つには、集団形成の禁止しかないように思います。なぜかと言えば、移動する元気がある若い人たちが無症状の感染者になる可能性が高いからです。

ただし、小学校では自宅ではなく、学童保育という別の閉鎖空間に移りつつありようです。税増収と人件費を下げようと、小泉純一郎と竹中平蔵を使って共働きを推進させたのが欧米の国際金融資本であるわけです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/4 20:00

復刊後ベストセラーに。20年前の書『超限戦』から見えてくる中国の戦略
2020年2月16日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年2月16日 Yahooニュース)

今、中国共産党と人民解放軍が戦っているのは、人類を苦しめている組織であり、グローバリズムであり、「戦争は解放のために行う手段である」と宣言しています。

つまり、中国共産党と人民解放軍の真の敵は、欧米の国際金融資本(銀行家たち)であり、イギリスのエリザベス女王を筆頭としたヨーロッパ王族のネットワークであるということです。そのため、中国の覇権主義は正当化されるべきである、という論理が展開されています。

実は、「超限戦」を理解するためには、地政学、哲学、経済学、その他のあらゆる分野の基礎知識だけでは読みこなせないことがわかっています。米軍のエリート将校であっても、読みこなせないのが現状です。

一方、情報リテラシーを全く持たない日本人の、特に自衛隊幹部にとっては最も苦手な部類に入る本であるように思います。

今、北海道で起きている本当のこと

2020/3/4 17:00

「北海道全域に感染者点在」「接触を最大限避けることが必須」新型コロナ専門家会議見解全文
2020年3月2日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年3月2日 Yahooニュース)

鈴木道知事が発端となった小・中学校の一斉休校ですが、一部の専門家は感染症予防対策として間違っていると批判しているようです。

しかし、鈴木知事は東京都の役人であった時、公衆衛生部門に勤務しており、ある意味専門家でもあるということです。鈴木道知事は、行政が迅速に行動できないことも現実的に織り込んで対策されているように思います。

彼は、週末の外出自粛要請明けの3月2日には親も巻き込んで感染症授業を行う構想がありました。つまり、子供から親に授業の内容が伝わり、その親が企業人としてその内容を反映させることも見越しての対策であったということです。

ところが、安倍政権の判断である意味その構想がなくなりました。私は、個人的に鈴木道知事の本音を聞いてみたく思います。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/4 14:00

悪質デマ拡散・・・「ウイルス予防にお湯飲んで」(20/02/26)

(出典:2020年2月26日 Youtube:ANNnewsCH)

最近、「新型コロナウイルスを予防するためには、お湯を飲んで…」という何者かが発進したデマ情報がSNSで拡散されています。

この情報をもとにして、主にツイッターやユーチューブ動画や、それらのコメント欄の書き込みによって広がっていますが、「こんなことはあり得ない」ということは少し考えれば誰にでも分かりそうなものです。

ところが、それでも冷静さを失ってしまうと騙されてしまうわけです。人々が恐怖に苛まれている今、こうしたデマは非常に悪質で、下手をすると命にかかわることにもなりかねません。東日本大震災が発生し、福島第一原発が水素爆発した時も悪質なデマがネット上で広がり、人々を混乱させたことがありました。

つまり、直接的な軍事行動によって死にたくなければ、貿易戦、金融戦、情報戦、生物兵器戦、その他のテロ軍事戦に活用できる技術習得を日常的に心がけるしかないわけです。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/3 20:00

新型コロナ対策大失敗!政府は一刻も早く国民の海外旅行・海外渡航を自粛・禁止せよ!
2020年2月26日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2020年2月26日 Yahooニュース)

安倍内閣の日本国民に対する無関心ぶりを見ると、残念ながら日本は「第二の武漢」に向かっているとしか思えないのが現状です。

政治家や官僚、そして経団連加盟企業の幹部たちというのは、本当に日本人なのでしょうか?いよいよ日本政府が疑われる異常事態となってきました。

海外にお住いの日本人は、4月末のゴールデンウィークに呑気に海外旅行に出かけようと計画しているような危機意識が完全に欠落している日本人には、くれぐれも注意していただきたいと思います。

私は、アメリカに20年以上暮らしていましたので、日本人の無防備さやお人好しさには本当に呆れかえってここまで日本で生活してきたわけです。今後、スマホを握りしめて外国の屋台を巡るようなことはできなくなると思います。

今、北海道で起きている本当のこと

2020/3/3 17:00

北海道全域で940人がすでに感染の可能性専門家が試算
2020年3月2日 NHK NEWS WEBへのリンク画像です。

(出典:2020年3月2日 NHK NEWS WEB)

厚労省の対策班のメンバーの1人である北海道大学の西浦博教授は、北海道全域で先月25日の時点で感染した人は、およそ940人に上る可能性があるとする見方を示しています。

日本の大企業に勤める年収2,000万円以上の層というのは、60代前後であるわけですが、彼らこそ組織の意思決定を行っているのが現状です。そんな彼らに新しい社会システムを導入させる場合、新型コロナウィルスのような高齢者の命を奪う脅威がなければなりません。

今週月曜日の札幌市内で見られるのは、大企業は在宅勤務と時差出勤を行っているため、JRや地下鉄は混雑が緩和されています。しかし、今週後半にかけて中小企業も追随するため、一層その傾向が強まるものと考えられます。

商業施設などでも、動きが速いところは先週末から対応していましたが、遅いところは今週中頃から開始することになりそうです。ちなみに、Atlasでは月曜日からの休校を決めましたが、今のところは2週間のみとなっております。

今、日本で起きている本当のこと

2020/3/3 14:00

古館伊知郎が訴える緊急事態条項の危うさ

(出典:2016年4月19日 Youtube:満雄中村)

日本各地で感染爆発する中、安倍政権は「緊急事態条項」を発動させようとしています。安倍首相は、自分の野心を遂げるために、多くの日本国民を意図的に感染させて社会を混乱に陥れようとしているのは明らかです。

もはや、そのことを自覚しているのかもわかりませんが、自民党が目指しているのは中国共産党と全く同じ「一党独裁体制」です。そのために、まずは日本各地をパンデミックにし、日本社会をパニックに追い込むことが必要であるというわけです。

同時に、安倍政権はテレビ局や新聞社に恫喝し、中国や北朝鮮からの脅威を報道させるキャンペーンを展開して憲法改正を煽り、国民に気付かせないように「緊急事態条項」を国会で議決させようとしています。

結局、能力が低下した記者ばかりのマスメディアも論点をズラしているだけで、安倍首相の仲間であることは明らかになりました。つまり、中国の習近平主席の国賓訪日は「緊急事態条項」のための手段であるということです。