ホーム   > 今、起こっている日本の国内情勢の本当のこと index

日本政府がマイナポイントを推進している理由B
 「マイナンバー導入で変わる現実」


自殺者も…韓国・性犯罪者監視の「GPS足輪」“成果と課題”
2018年9月21日 FNNプライムオンラインへのリンク画像です。

(出典:2018年9月21日 FNNプライムオンライン)


これまで「マイナンバーの紐づけ」されると起こることを2度にわたって説明してきました。今回で3話目ですが、社会的通念としてこれから隠れて談合したり、個人的に交渉することは不可能になっていくと思います。


ストーカー行為なども、犯罪者と被害者の位置・時間情報が地図上にリアルタイムに記録され、犯罪者は容易に警察サーバーによって確認され、警告が容疑者のスマホに送られることになります。


警告を無視すれば、すぐにパトカーが駆け付けて身柄を拘束され、書類送検後に裁判を受けることになります。


性犯罪者には逮捕後、体内にGPSナノチップが埋め込まれる可能性があります。犯罪者の脳波は、常に病院サーバーに送られ続けているので、脳波が乱れるのを確認されるだけで警察に通報され、パトカーが到着して逮捕されます。


また、SNS上での犯罪者同士の連絡や打ち合わせができなくなります。暗号や隠語を使った会話についても、量子コンピューターとAIサーバーによって緻密な解析が行われます。仲間同士で集まろうとした時点で、各自が警察に逮捕されることになります。


中国企業、安倍前首相含む海外240万人の個人データを常時監視 親族や交友関係も
2020年9月16日 大紀元 EPOCH TIMESへのリンク画像です。

(出典:2020年9月16日 大紀元 EPOCH TIMES)


密談そのものが不可能になり、移動手段である電車やバス、自動車などが自動的に全てロックがかかります。実質的に逃げることは不可能となり、ナノチップを体内に埋め込まれた「前科者」の場合、何らかの衝撃をチップから直接与えられることになります。


さらに、賭博やカジノなどは完全免許制となり、ギャンブル依存症は病院サーバーで判定されるので入店ができなくなります。非合法の麻薬摂取者も、医療サーバーによって体内の成分を検知された時点でパトカーが到着し、逮捕されます。


その後、更生するための施設に収容され、体内にはナノチップが埋め込まれ、麻薬を探そうとするだけでチップから微量の衝撃を感じることで、その痛みや不快感から使用しなくなります。


このように、犯罪の予防が最新テクノロジーを利用して行われることで、犯罪の発生自体が大幅に減少することになるということです。当然、個人資産は完全に把握されているので、脱税やマネーロンダリングなどできなくなります。


結婚や子育てでさえ、政府の人口計画によって決められ、簡単に結婚することができなくなります。優れた遺伝子を持つ者や、正しい教育が施された者だけが政府に認定され、「お見合い制度」のようなシステムで結婚が成立します。


厚労省は、マイナンバーによって国民の遺伝子データを把握し、データベースで登録している健全な男女でなければ恋愛や結婚ができなくなります。これによって、結婚や離婚を繰り返す男女による妊娠堕胎はほぼゼロになります。


Category:ディストピア映画
Wikipediaへのリンク画像です。

(出典:Wikipedia)


また、占星術(ホロスコープ)などを基にした国民の医療情報や教育、労働などの統計データなどがAIによって分析され、生まれた時点でその子どもの適正が確定され、それに見合った教育カリキュラムが組まれるようになるということです。


3回に分けて「マイナンバー導入」で起きることを説明しましたが、全く素晴らしい世界です。ハリウッドのディストピア映画を観ると、必ずこのように犯罪や不正、不健康、交通事故などが大幅に減少するシーンが出てきます。


私は、このような「ディストピアな世界」が必ずしもいいとは思っていません。ある程度の社会的な緩みは必要であると思います。どちらが良いのではなく、どちらも必要なことです。


実は、技術的には可能であっても、社会的な需要によって実現しなかった規制はたくさんあります。新型コロナ後の「ニューノーマル(新しい生活様式)によって、世界政府が想定していた未来が少しずつ見えてきています。


これらの話は決して映画だけのことではなく、これから現実になっていきます。そして、このマイナンバーによる支配構造で得をするのは日本政府ではなく、世界の支配層です。彼らこそ、世界政府(AI政府)を樹立しようとしています。


内閣府ホームページ:Society 5.0とは
サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)

内閣府へのリンク画像です。

(出典:内閣府)


最後に、日本政府がマイナポイントを推進する理由は、おそらく内閣府の「Society5.0」を推進するために情報の一元化を行うことです。


「Society5.0」は、地方の人口減少に対応するために計画されています。また、地方自治体の「縦割り行政」の効率化を評価させようとする一方、「マイナンバー」は行政効率を上げるツールとして推進されることになるということです。

PRE:日本政府がマイナポイントを推進している理由A 「マイナンバーに紐付けされることで日常生活が監視される」 INDEX NEXT:立憲民主党など野党の国会議員も売国奴だらけ >>>

すべての「人」へ、
今、起こっている世界情勢の本当のことをあなたに
令和の「関東大震災」と神の杖によるピンポイント攻撃
from Atlasマンツーマン英会話 peters.jp