ホーム   > 今、起こっている日本の国内情勢の本当のこと index

信仰心がない日本人は、これから自然災害(人災も含む)の苦難に見舞われる

2021/7/7


富士山が「自然遺産」ではなく「文化遺産」の理由とは?
2021年2月23日 ウェザーニュースへのリンク画像です。

(出典:2021年2月23日 ウェザーニュース)


以前から、静岡県や神奈川県の行政対応やそこに住む問題住民について、私は何らかの違和感を感じていました。


隣の愛知県も含め、人口が多く日本でも裕福な財政で知られている3県は、トヨタや日産、ヤマハ、そしてスズキなどの大手自動車メーカーの本拠地です。しかし、この3県の中でもしきたりやルールに甘いのが静岡県です。


2013年、日本の象徴である富士山が世界「文化」遺産に選ばれた時、静岡県庁の役人たちは観光収入にことしか頭になかったと言われています。富士山は「霊山」であることや、「神道の聖地」であることを知らないようです。


富士山が世界「自然」遺産に選ばれなかった理由は、登山者たちが山中に大量のゴミを捨てていたからです。また、ここ数年は登山者の遭難や山小屋の放火、その他にも様々な事故や事件が起きています。


今回、熱海で大規模な土砂災害が起きましたが、その理由の一つに太平洋側プレート下のマグマが富士山に向かって圧力をかけているものと考えられます。つまり、「富士山が噴火する」という大自然の怒りが見て取れるわけです。


富士山は“噴火スタンバイ状態”と専門家 2021年は世界でも噴火多発
2021年6月12日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2021年6月12日 Yahooニュース)


崩落した伊豆山は、富士山のちょうど真下に位置し、麓の伊豆山神社は長い歴史を持っています。以前の本殿は、土石流の源流にある本宮社であり、現在の神社は災害で流されたため、固い地盤の場所に移動しています。


伊豆山神社から箱根にある富士浅間神社につながり、そしてその先は富士山を結ぶ「日本の龍脈」に続いています。1707年、南海トラフを震源とするM9クラスの宝永地震が発生し、その49日後に富士山の宝永噴火が起きています。


修験道の始祖とされる「役小角」が伊豆大島へ島流しにされた時、島を抜け出して伊豆山で修行し、走り湯を発見したとされています。また、空海(弘法大師)が修行した伝承もあるように、多くの仏教者や修験者が修行を積んだ「霊場」です。


ところが、伊豆山神社は投資ファンド会社や名古屋の上場企業に買われ、「御神体」の伊豆山全体にソーラーパネルや別荘、新興宗教団体の研修所などが建設されています。つまり、金持ちがカネの力だけで「神様の土地」を手に入れ、自由に荒らし回ったということです。


富士山本宮浅間大社:御由緒
富士山本宮浅間大社へのリンク画像です。

(出典:富士山本宮浅間大社)


古い神社には必ず「御神体の山」がありますが、それを拝むため平地に拝殿が設置されているわけです。当然、自分勝手に山を荒らしたり、人が踏み入ると神の怒りを買うことになります。問題は、その神聖な山に強力な電磁波が飛び交うソーラーパネルを大量に設置したことです。


21年前、私がアメリカから10年ぶりに日本に戻ってきた時、すでに日本人の多くが宗教や信仰について何も知らないことに驚いたことを思い出します。当時から神仏への信仰など全くなく、ただ「今だけ、カネだけ、自分だけ」が推奨されていたように思います。


この20年を振り返ってみると、日本人はさらに精神的な支柱を失くしていったわけです。政府や自治体は、加計学園などに巨額の補助金を与え、投資ファンドや不動産会社にカネで「神様の土地」を譲ったことになります。


古代の天変地異 神の怒りと跡形もなく消えた町
2021年7月1日 Yahooニュースへのリンク画像です。

(出典:2021年7月1日 Yahooニュース)


さて、神仏を粗末に扱うような人間たちに、神体山の伊豆山や本宮社周辺を開発させると一瞬にして100人以上の住民が命を落とすことがわかりました。「カネの奴隷」となった県議や市議などは地元の名士に忖度し、盛り土やソーラーパネル工事に反対してこなかったわけです。


結局、静岡県民が神仏を粗末にした結果、富士山に通じる伊豆山の神の怒りが土石流となって、悪質な土地開発の上に積み上げた汚染土を押し流してしまいました。しかも被災した熱海の130戸だけの問題ではなくなり、これから日本全体の問題となっていきます。


日本のどこで、いつ大地震や大津波、火山噴火、台風、竜巻、そして土石流が起きて家を破壊し、命を失うのかはわかりません。わかることは、これから日本が大変な苦難に見舞われることだけです。


そういう意味では、富士山を見上げる静岡県民の罪は重く、まずは登山客の立ち入り禁止から始める必要があります。さらに、富士山麓でスタートしたトヨタ自動車の「スマートシティ構想」を中止にすることです。


そして、山間部に設置したソーラーパネルをできるだけ早く撤去し、新たなに木を植樹することです。違法行為を犯した産廃業者やソーラーパネルの施工業者は、これから被害者の家族に謝罪行脚することになると思います。

<<< PRE:千葉県八街市で発生した通学路での交通事故についてA INDEX NEXT:QUAD軍(日米豪印)とNATO軍(33ヵ国)で中国とロシアを包囲する展開 >>>

すべての「人」へ、
今、起こっている世界情勢の本当のことをあなたに
伊豆山の土砂崩れから富士山噴火、南海トラフ巨大地震で始まる「令和維新」 from Atlasマンツーマン英会話 peters.jp