Atlasマンツーマン英会話の法人向けレッスンを受け、仕事に英語を使う会員の体験談

#

ブロークンイングリッシュこそ 世界の公用語

世界で急増する英語人口。今や英語を話す人の80%は非ネイティブスピーカーです。ネイティブ並みの発音や語彙はもう必要ありません。努力すれば、英語はものにできるのです。

グローバル人材の育成を専門とするAtlasマンツーマン英会話の語学カウンセラーたちは、無料体験レッスンで学習法を説明する際、こう語りかけます。

「世界で最も使われている言語は何だと思いますか?その答えは、ボディランゲージとブロークンイングリッシュなんです。日本人のような非ネイティブスピーカーこそが、世界の多数派なんです。」

その主張は決してウソではありません。世界で、特にアジアでは今、非ネイティブスピーカーの英語を話す人間が急増しているのです。

世界的な言語学者団体の推計によると、2015年時点で世界の英語人口は19億~20億人です。 そのうち、英語を第一言語とするのは4億人です。つまり、英語を話す人の80%は、 非ネイティブスピーカーなのです。実に世界人口の30%以上が英語を学んでいるのです。

1970年後半から高まり始めた世界的な英語学習熱は、2000年に入って一気に加熱しました。ヨーロッパでは2000年以降、英語人口が右肩上がりです。北欧・西欧だけでなく、バルト3国、ポーランド、ハンガリー、ルーマニアなどの東欧でも英語人口が増加しています。

一方、アジアでも流れは同じです。韓国では、英語力がないとよい職に就けません。サムソンや現代のような大企業は新入社員に対し、TOEIC830点以上を平気で求めるのが普通です。中国も国を挙げて英語力強化に励んでおり、毎年3000万人を超す英語人口が新たに生まれています。

世界で英語を母国語とする人は全体のわずか5%です。残り95%の非ネイティブスピーカーが英語を学び始めたことで、英語の世界に大きなパラダイムシフトが起きています。急上昇するReturn On Englishですが、こうした世界的な英語学習ブームの背景にあるのは、英語に対する見返りです。

グローバル化により、世界のマーケットは先進国から新興国へと大きく移動しています。その新興国の多くで、ビジネスの公用語となっているのは、非ネイティブスピーカーの英語なのです。英語ができれば、中国語ができなくても中国で仕事ができます。逆に言うと、英語ができなければ、大きなビジネスチャンスを失うことになるのです。

一方、英語を習得するコストは年々低下しています。ネット上には、無数の英語コンテンツが溢れています。ウェブサイトやアプリ、スカイプを使えば、格安で英会話レッスンも受けられます。

しかも、要求される英語の水準はむしろ低くなりました。ネイティブが多数派の世界では、彼らの語彙や発音に追いつくために、非ネイティブは血のにじむ努力が必要でした。しかし、今増えているのは非ネイティブ同士のコミュニケーションです。

非ネイティブ同士であれば、ネイティブのような発音は必要ありませんし、語彙を限定しても問題ありません。2010年時点で、ビジネスや観光のための旅行の80%は、非英語圏から非英語圏への移動となっています。

こうした時代の流れの中で、脚光を浴びているのが、グロービッシュです。グロービッシュとは、米国IBM副社長だったフランス人のジャン・ネリエール氏が、ビジネス用に開発したシンプルな英語使用方法です。簡単に言えば、ブロークンイングリッシュを体系化したものです。

必要な語彙は1500語に限定し、構文もシンプルにし、複雑な文法や発音もいらないため、1年以内にものにすることができます。「グロービッシュは英語が完璧でない人たちに自信を与えるもの」とネリエール氏は強調しています。グロービッシュは日本のようなプライドが高いため、面目を失うことを恐れる国にぴったりの英語かもしれません。

では、日本でグロービッシュはどのように生かせるのでしょうか。実は、Atlasでも、グロービッシュの日本展開を準備しています。語学カウンセラーの多くがグロービッシュの話を2014年にはじめて聞いたとき、今の日本に必要なのはこれだと思ったほどです。

タイトル一覧

コラム一覧に戻る

体験申込みフォームはこちらから