ホーム>法人向けコラム一覧>留学しないで日本で仕事をしながらビジネス英語を学習したAtlasマンツーマン英会話に通う6人にインタビュー

コラム

留学しないで日本で仕事をしながらビジネス英語を学習したAtlasマンツーマン英会話に通う6人にインタビュー

半年間で英語力を上げアメリカの大学院へ留学できた秘訣B「留学準備から振り返って」

佐々木祐介さんへのインタビュー

━━もし、もう一度留学準備からできるとしたら、今度は何をすると思いますか?
 

佐々木さん:もう一回留学準備をやり直せるなら、もっと外国人とたくさん話す機会を持つのも良いかもしれません。TOEFLでは、現実的でない、実際の会話とは違う部分も多くありますので、TOEFLで目標スコアを取れても、実際に行ってから「本当の英語」の洗練を受けることになります。
 

━━TOEFLのハイスコアを取らないと留学自体ができなかったわけですから、TOEFL対策を集中的に、戦略的にされたのは正しかったと思いますが、そのうえで、留学に必要となる実践力をつける練習をしていくと良かった、ということですよね。では、留学を終えて帰国されて、今は英語に対してどんな印象をもたれていますか?
 

佐々木さん:まだまだレベルは不十分ですが、今は「楽しい」と思いながら英語を使えるようになりました。もっとも、今の仕事では、それほど英語を使う機会は多くなく、海外から来客があった場合に対応するくらいですが(注:インタビュー後、ドイツに所在する国際機関に転勤)。
 

━━もう英語でのコミュニケーションには全然困らないですか?
 

佐々木さん:そんなことは全くありませんね。自分が話すことは仕事に関わる内容ですし、事前に用意できるのである程度大丈夫ですが、リスニングの力は留学当時と比べると落ちたように感じます。やはり継続的なブラッシュアップは不可欠ですね。
 

━━社会人で留学を考えている方もいらっしゃると思いますが、佐々木さんは留学されて良かったですか?
 

佐々木さん:はい。本当に良かったと思っています。全く別の世界を見ることができましたし、留学時に知り合った友人たちが各国に戻っていって、またそれぞれの国で世界をよくするために仕事をしている、その様子から再び刺激を受けることができます。

今でも、半年に一度くらいは留学時代の友人が日本を訪ねてきます。留学していなければ得られなかった繋がりができたことは何物にも代え難い財産になりました。
 

佐々木さんからのメッセージ

━━では最後に、今英語学習を続けている方や、留学を考えている方へ、アドバイスをぜひお願いします!
 

佐々木さん:英語を使えると、それによって海外の人たちと分かち合える経験が一気に増えます。それは留学でも仕事でも同じだと思います。また、日本に興味がある人は驚くほど多くて、日本について色々なことを聞かれます。英語ができれば、彼らの知らない日本の良さについて伝えることができます。こうした「英語を使える醍醐味」をイメージしながら、皆さんが目指すゴールに少しでも近付けるよう応援しています。
 

私からのまとめ

佐々木さんのお話を伺って、忙しい社会人が短期間で劇的な英語学習効果を出すのに必要なことは、

@明確な目標
A切磋琢磨できる学習仲間
Bプレッシャー

の3つだと思いました。私自身もそうですし、周りの方を見ても思うのですが、自分の「やる気」というのはとてもあやふやな頼りないものですよね。やる気に頼っていると、英語学習をコンスタントに続けて効果を出すのは難しいと思います。

留学という明確な目標がなかったとしても、英語学習を続けざるを得ない状況に自分を置いてみたり、明確な目標を作って周りに宣言して自分にプレッシャーを与えてみたり、英語学習の進捗を報告し、励まし合えるような仲間を見つけたりできると、英語学習は続けやすくなると思います。 ぜひ、自分の性格やタイプによって、色々工夫をしてみてください。

#

#

タイトル一覧

コラム一覧に戻る

Atlas®にお任せください

「会話力」のさらなる向上、一歩先の「対話力」の育成、
海外赴任や海外出張に向けての短期集中レッスンなど、
貴社のご要望に合った効率的なプログラムをご提案します。
まずはお気軽にご相談ください
札幌:011-211-0492 横浜:045-313-1517
名古屋:052-581-8444 大阪:06-4256-7190
無料体験レッスンはこちらへ