ホーム>法人向けコラム一覧>留学しないで日本で仕事をしながらビジネス英語を学習したAtlasマンツーマン英会話に通う6人にインタビュー

コラム

留学しないで日本で仕事をしながらビジネス英語を学習したAtlasマンツーマン英会話に通う6人にインタビュー

英語を避けてきた状態から多国籍チームの中で仕事ができるようになったC
「効果があったと思う英語学習」

山本正路さんへのインタビュー

━━では、今まで色々な方法で英語学習を続けてこられて、これは効果があった、と思う方法はなんですか?
 

山本さん:日本で英語の教育を受けてきて、ただしゃべれるだけじゃなく、きちんと書く練習をしてきたのは良かったと思います。ビジネスにおいて、「書く英語をしゃべる」ことが大切と理解しています。

口語においては、多少、適切でない表現の場合でも、「書く英語」を話すと、相手も敬意をもって対応してくれます。おそらく、しっかりとした教育を受けてきた人と認識するのだと思います。あるいは、しゃべれなくてもきちんとした英語を書いて渡すと、しっかりした人だと一目置かれます。

ただしゃべれるだけの人間は世界にたくさんいます。だから、きっと英語よりも中身が大切なんですよね。きちっとした教育を受けた人しか、書く力はないと確信しています。「英語を書く力」がなかったら、今の自分はなかったでしょう。

その点で、今までの日本の英語教育は、本当に世界で通用する素晴らしいものと思っています。最近は日本の教育は中途半端に話すことに集中し始めているようで、危惧しています。中途半端な帰国子女みたいな人が量産されないことを祈っています。

英会話については、ビジネススクールで自分のレベルを確認しながら、勉強を進めることができたのがよかったです。それをベースに、補助的にAtlasで発音矯正ができたことはプラスに影響していると思います。この2つのスクールには感謝しています。
 

━━ちなみに、TOEICのスコアはどのくらいだったんですか?
 

山本さん:今の会社に入った時に、400点台でした。リスニングを1回しか聞けないとも知らず、英語を聞いているうちにいつのまにか眠りにつきました。英語はまさに子守唄ですね。いびきで隣の人に迷惑をかけていなかったらいいのですが。目が覚めてから、半分以上を勘でマークして提出しましたね。
 

━━その後、スコアは上がっていきましたか?
 

山本さん:2年くらい勉強した後に受けた時は、低いのですが、700点台でした。今の会社はアメリカかイギリスの大学(院)を出ている外国人ばかりで、誰も試験のスコアを気にしていないんです。だから、私も今さら受験しろなんて言われません。もし仮に転職活動をするなら、もう一度、受験をしないといけないとは思っています。
 

━━英語力を伸ばして、それがスコアにも反映されていった形ですね。では、今後の目標は何ですか?
 

山本さん:いまだに社外の国際的な会議に出席した際には、ミーティングの会話に積極的に入りにくいです。仮に日本語だとしても内容的に難しいこともあるのかもしれませんが、英語がネックの一つになっていることは、間違いありません。

自分の中で何か問題があった時に、「英語力を言い訳にしないレベル」まで、少なくとも高めたいと思います。早く英語の勉強をやめて、英語なんかより重要なことに時間を費やすためにも!
 

━━なるほど。たしかに、英語だけができてもダメですよね。私も中身を磨かないと…?
 

私からのまとめ

忙しい中でいくつも英会話スクールに通いながら、TOEICを400点から700点台へと伸ばし、仕事に使えるレベルの英語力を身に付けられたのは、きっと毎日の仕事で必要性を感じていて、強い危機感があってのことなのだろうと思いました。

「いつか英語ができるようになったらいいな」ではなく、「英語ができないと仕事にならない!」という状況に自分を置いてみるのも、英語を本気で身に付ける方法の一つだな、と思います。

#

#

タイトル一覧

コラム一覧に戻る

Atlas®にお任せください

「会話力」のさらなる向上、一歩先の「対話力」の育成、
海外赴任や海外出張に向けての短期集中レッスンなど、
貴社のご要望に合った効率的なプログラムをご提案します。
まずはお気軽にご相談ください
札幌:011-211-0492 横浜:045-313-1517
名古屋:052-581-8444 大阪:06-4256-7190
無料体験レッスンはこちらへ