ホーム>法人向けコラム一覧>留学しないで日本で仕事をしながらビジネス英語を学習したAtlasマンツーマン英会話に通う6人にインタビュー

コラム

留学しないで日本で仕事をしながらビジネス英語を学習したAtlasマンツーマン英会話に通う6人にインタビュー

TOEIC400点台からの英語奮闘記D「英語が話せるようになって変わったこと」

稲生かなりさんへのインタビュー

━━英語が話せるようになって、何が変わったと思いますか?
 

稲生さん:英語が話せるようになると、当然仕事の幅が広がります。私もグローバル案件について「稲生さん、行ってきて」と言われて、直ぐに「はい」と引き受けられるようになりました。私のチームから一緒にサポートしてくれるメンバーを連れて行こうとしても、英語以外のスキルは完璧なのに、英語ができないという理由だけで連れて行けない人が本当に多いです。

もったいないですし、すごく残念です。 英語が話せるようになると、経験できることも変わります。インドやメキシコの人たちとの電話会議など面白いことも、今までは日本語しかできなかったからやれていなかったのかと、できるようになって気付きました。

私自身も、かつては、自分が英語を使えるようになることを想像しておらず、「英語ができて何になるんだろう」と思っていました。当時は英語のプロジェクトもありませんでしたし、まさか自分がそういう仕事をするようになるとは思ってもみませんでした。
 

━━そういう英語を使うプロジェクト自体が増えてきたのですか?
 

稲生さん:昔は自分が英語のプロジェクトに触れていなかったからということもあるかもしれませんが、最近英語を使う仕事は社内でも増えてきたように感じます。「英語ができない奴はいらない」という流れがあります。会社は海外の案件を取りたがっており、みんな必死になって英語をやっています。
 

━━それは本当にそうですね。でもそういう流れや危機感を感じている方と、まだ感じていない方もいらっしゃるかもしれないですね。
 

稲生さんからのメッセージ

━━では、最後に、今英語学習をがんばっている方や、いつかは仕事で英語を使えるようになりたいという方へ、メッセージをお願い致します。
 

稲生さん:「諦めない」「続ける」。これだけだと思います。今英語ができている自分を見て、あの時諦めてやめなくてよかった、と思います。面白くないし、成果も見えてこない、というときは本当に嫌でやめたくなりましたが、なんで英語をやっているんだろうと思うとやめたくなるので、考えないようにしていました。

きっと、やり方に正解はありません。あの時読んだつまらない本が、今になって役立った、ということもあります。皮算用はしないで、自分がこれ、と思ったものをやればいいのではないでしょうか。後からわかる時がきます。
 

私からのまとめ

稲生さんにインタビューをさせていただいて、「諦めない」「続ける」ということの大事さは後でわかるものなんだなと思いました。「皮算用はしないで、自分がこれ、と思ったものをやればいい」という稲生さんの言葉が、経験に裏打ちされたアドバイスとして、とても印象的でした。スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学の卒業式スピーチの以下の部分を思い出しました。

稲生さんには、いくつか本や学習法をご紹介いただきました。もちろん、向き・不向き、相性はあると思いますが、何かピンとくるものがあったら、これと決めて、一定期間続けてみましょう。始めなければ、そして続けなければ、未来は変わりません。

#

#

タイトル一覧

コラム一覧に戻る

Atlas®にお任せください

「会話力」のさらなる向上、一歩先の「対話力」の育成、
海外赴任や海外出張に向けての短期集中レッスンなど、
貴社のご要望に合った効率的なプログラムをご提案します。
まずはお気軽にご相談ください
札幌:011-211-0492 横浜:045-313-1517
名古屋:052-581-8444 大阪:06-4256-7190
無料体験レッスンはこちらへ